遺伝性の慢性膵炎もちなわたし。低脂肪食だと QOL(生活の質)をキープしやすいのでそうしています。

わたしの場合、1日の脂質の摂取量は 20gくらい

論文[注1*]によると、脂質20gというのは、江戸時代の都市部の庶民よりも、ほんの少し多い程度です。

脂質20gってどれくらい?かというと(すべて1包装あたり):

  • ファミリーマートのたまごサンド 脂質23.50g
  • セブンイレブンの照焼チキンとたまごサンド 脂質21.6gg
  • ローソンの元気豚のカツサンド 脂質21.60g

1日かけて、たまごサンドひとつ食べられるかどうか・・というくらい。(他に脂質の入ったものをまったく食べない場合)

 

チョコレートのトリュフを家で簡単シンプルに

そんなわたしがチョコレートのトリュフが食べたいときは、お店でたまにひとつぶ買って、2つか3つに切り、ひと切れ食べたら残りは冷蔵庫!

まるまるひとつ、ふたつと食べたいときは、家で低脂肪バージョンを作ります。これがおいしいのですよ。ふふふふふ。

 

low fat chocolate truffles with real chocolate (3)

 

通常のチョコレートトリュフの中には、ガナッシュと呼ばれるチョコレートと生クリームでできたクリームが入っています。(←とってもおいしくて高脂肪)

わたしは中身に低脂肪なものを入れ、チョコレートをかけています。かじりついたときにパリッっと砕ける食感の、ダークチョコレートの皮が大好き。

この記事では、本物のチョコレートで低脂肪なトリュフを作る方法をご紹介します。

今回のフレーバーは「杏と塩」「ピーナツバターとコーヒー」の 2種類です。どんなものか写真から。

 

杏と塩

low fat chocolate truffles with real chocolate (5)

中身は、ドライアプリコットを包丁で細かく刻んだものだけ。

 

濃い茶色のほうが杏、ベージュのほうがピーナツバター。

low fat chocolate truffles with real chocolate (13)

 

コーティングは、カカオ65%のダークチョコレート、トッピングは粒の大きなカリカリ塩。

low fat chocolate truffles with real chocolate (1)

チョコレートのパリパリ、あんずのねっとり、塩のカリカリ。おいし~。

 

ピーナツバターとコーヒー

low fat chocolate truffles with real chocolate (4)

 

中身は、無糖ピーナッツパウダーに水と塩ほんの少々を加えて丸め、インスタントコーヒーと砂糖を混ぜたものを周りにまぶします。ごろごろっと。

low fat chocolate truffles with real chocolate (12)

 

コーティングは、カカオ65%のダークチョコレート。

low fat chocolate truffles with real chocolate (2)

 

ごくごくふつうの買いものリスト

  • 2種類に共通:ダークチョコレート、粒の大きなカリカリ塩
  • 杏と塩:ドライアプリコット(干しあんず)
  • ピーナツバターとコーヒー:ピーナツパウダー(カルディコーヒーファームで手に入ります)、カフェインレスのインスタントコーヒー

 

家にあるカマルグの塩

low fat chocolate truffles with real chocolate (9)

 

カフェインレスのインスタントコーヒー

low fat chocolate truffles with real chocolate (10)

 

富澤商店で買ってきた製菓用チョコレート チョコレートトーストなんかにも使っています。

low fat chocolate truffles with real chocolate (14)

 

流れ

バットや平らなお皿にオーブンペーパーを敷いておく

中身を作る

手で中身を丸める(好きな大きさに。わたしは直径2cmくらい)

チョコレートを溶かす

チョコレートをコーティング

冷やす(季節によっては冷蔵庫に入れなくてもかたまる)

チョコレート溶かし方・かけ方

溶かし方は、小さなボウルにチョコレートを入れて50℃くらいの湯せん。溶け始めたら火からおろして溶かし終えればOK。

わたしは50℃くらいで湯せんをはじめ、温度計で確認しながら25℃~30℃くらいに温度を下げたりしています。(←こういうこと好きだしおいしい気がするから)

が、溶ければOKです。ご興味ある方は「テンパリング」とグーグルしてみてください。

 

low fat chocolate truffles with real chocolate (11)

 

かけ方は、丸めた中身を小さなフォークで突き刺して、溶けたチョコレートをクルクルっとまとわせています。写真をごらんのとおり、かなりてきとうです。

low fat chocolate truffles with real chocolate (8)

 

ワイルドだな~。

low fat chocolate truffles with real chocolate (7)

 

が、おいしいしかわいくできたし、まあいいか。

low fat chocolate truffles with real chocolate (5)

 

材料(量は好きなだけ!)

杏と塩

・ドライアプリコット(お好きな味わいのをどうぞ)
・粒の大きなカリカリ塩(写真はカマルグの塩)
・チョコレート(お好きな甘さでどうぞ。ここではカカオ65%のダークチョコレートを使いました)

カリカリ塩は翌日になれば溶けてなくなってしまうのですけど・・気にしない!おいしいから。

 

low fat chocolate truffles with real chocolate (15)

 

ピーナツバターとコーヒー

・ピーナツパウダー(カルディコーヒーファームで入手)
・粒状のインスタントコーヒー(わたしはカフェインレスのを使いました)
・砂糖(我が家はフランス産の赤砂糖カソナード)
・チョコレート(お好きな甘さでどうぞ。ここではカカオ65%のダークチョコレートを使いました)

 

あなた様と、あなた様の大切な人の分だけ、ちょっとだけ作るのが吉。11月の食卓記事に書いたことを、しつこいけどまた書きます。

体力ひかえめな方、膵臓をいたわる方、ひと混みがダメな方に、いきなり提言があります。

こういうことをするときは、自分の分だけ、ちょっと作るのが、つかれないコツです。せっかく作るなら人にあげて、あーしてこーして、と考え始めたりやり始めたら、つかれてしまいます。つかれたら楽しめません。(人に食べてもらわなくてもおいしいので大丈夫です!)

ご自分がおいしく、楽しく、安全に。

 

low fat chocolate truffles with real chocolate (2)

 

low fat chocolate truffles with real chocolate (1)

 

ナペティ~

 

[注1*]「忍者の食生活と栄養評価」←いちばん最初の検索結果から、PDFを無料で読めます。読みものとして非常におもしろいのでとってもおすすめ!

松波志帆・一柳俊樹・久保田央・岩佐拓哉・古市卓也(名古屋経済大学自然科学研究会会誌(2019)第 50 巻 第 1 号 6-14)

 

本日のスペシャル

(杏と塩の組み合わせ、みんなも同じこと考えてるかな?)と思い、”杏と塩” とグーグルしたら、1件目に美しいトリュフが。きゃ~気が合う、ここのお店!(←勝手に)

洋菓子マウンテン 杏と塩 5粒1,701円(税込) 下にスクロールすると商品の説明がありますよ。同じ粒が5個入っている理由もすてきで、

このパッケージが、同じ粒が5粒入りという珍しいパッケージになっているのも、お客様から「こればかりが入っている箱が欲しい」というご要望をいただいての事です。

ピーナツバターとコーヒーは、「Reese’s リーセスピーナッツバターカップ」をイメージして作りました。少し前に友人(とわたしが勝手に思っているひと)が「今からおやつでーす。ピーナツバターカップでーす。」と浮かれており、インスピレーションを受け取ったしだい。

リーセスピーナッツバターカップのじょりじょり食感を、砂糖とインスタントコーヒーのつぶつぶで再現してみました。

1日1新:浴室の換気扇を交換してもらう
1日1冊:Marsha M. Linehan「DBT Skills Training Manual」少々