すっぱいものを食べると歯がしみる。たしかにそのとおり。しみます。が、

柑橘類をぱくぱく食べないときでさえ、つかれたり体調がよくないときは何かと歯がしみる体質です。(虫歯はありません)

同じような体験をしている方はいらっしゃいますか?

少し前に、ふと(あ~~わたし、しみるしみるとぽゆぽゆ文句言ってないで、何かしよう)と思い、使ったことない歯みがき粉を試してみました。

 

toothpaste (1)

メルサージュ ヒスケア Ag グレープフルーツミント フッ素1450ppm配合」はamazonで1,325円/80g。

なんだか高価ですが、とりあえず買って歯みがきだ。

小指の爪の半分くらいの長さに「ぽちっ」と出して、優しくみがいてみましたよ。

toothpaste (3)

 

結論:効果あり

ふだんと同じ食生活、ふだんと同じ歯みがきルーティーン、ふだんと同じ道具を使いました。

つかれたとき→しみない痛くない。すっぱい果物(いよかん、りんご)を食べたあと→しみない。

果物を食べたあとに2~3回、(以前しみていた場所はこの辺なのかな?)と思う程度の違和感を感じることはありました。

あとはおおむね大丈夫。しみない痛くない。ストレス軽減うれしいな!

 

味と使用感

「グレープフルーツミント」と「ソフトミント」の2種類のうち、レビューを読んで甘みが少なそうなグレープフルーツミント味を選びました。

しょっぱさ + グレープフルーツのほのかな苦み + 甘酸っぱさ + 遠くでミントが呼んでいる味。

ミントの爽快感キーーン!ではなく、マイルド。歯科クリニックで塗ってもらうフッ素ペーストっぽい味がする。

歯みがき後の口のなかの感触は、ひとことで言うとニュートラル。ツルピカというよりもマットな感じ。後味とくに無し。

 

使用方法

歯ブラシとフロス。4年ちょっと前に書いた「膵臓が弱いひとの大切な歯のケア」という記事と、使っているものは少しずつ変わっていますが、同じルーティーンです。

この歯みがき粉をデンタルフロスに付けてフロスして、歯と歯の間にフッ素が行き渡るようにして2分待つ、というルーティーンを追加しようかしら・・。(←歯科クリニックのドクターの真似)

 

toothpaste (2)

 

おまけ

・知覚過敏に関する記事「歯がしみる「知覚過敏」の治し方~歯科医院での治療法~」ふむふむ・・

・歯にやさしい食べものは、お腹にもやさしい。歯にしんどい食べものは、お腹にもしんどいのね。と思った記事「Top Foods to Avoid if You Have Sensitive Teeth

 

痛かったりしみたりする方はラクになるかもしれません。ご参考までに。:)

 

本日のスペシャルは、ひとつめの記事にあります。