パンをトーストして最後にチョコレートを乗せ、温まって柔らかくなったチョコレートを、ナイフでちょちょいとのばしてできあがり。

チョコレート・トーストに使うパンは、我が家はもっぱらバゲットかバタール。フランスパンです。チョコレートはカカオ65%~80%くらいのビターチョコレートが合う。

ほんのり塩っぱいフランスパンのむっちり&カリカリに、ほんのり甘いビターチョコレートがとろっと。この組み合わせが、いいのです。

この記事でお伝えしたいことは、

1.チョコレート・トーストが美味である。

2.本物のチョコレートの味をみっちり味わえる。

3.低脂肪で安心して食べている。

すこしのチョコレートで満足できるのですよ。とっても。写真のトーストの脂質は(パンとチョコレートで) 1.4gくらい。

 

chocolate toast (5)

 

上の写真に使ったチョコレートは、2.5g。含まれる脂肪は 39%くらいなので、2.5x0.39=0.975。よって、チョコレートの脂質 0.975g。

chocolate toast (3)

 

調理前は、こんな感じです。

chocolate toast (7)

 

お腹が大丈夫な方が見たら、大笑いするか、むせび泣きそうな写真ですが。

chocolate toast (8)

 

溶けたチョコレートをのばすとこんなふうになります。じゅうぶん味するから大丈夫です。おいし~。

chocolate toast (4)

 

(イヤ・・これでは少ない!)とお思いの方は、チョコレートを 3.8g に増やしてはどうでしょうか。それなら3.8gx0.39=1.482。チョコレートの脂質は 1.482g ですよ。

chocolate toast (9)

 

・・てな感じでご自分が安心して食べられる量を模索していくのが吉。

 

おいしく作るコツ

おいしく作るコツは、おいしいパンとおいしいチョコレートを使うことです。いつも同じことばっか言って耳にタコできたと思います。すまぬ。でもほんとのことだから何度でも。

といっても最高級の!という意味ではぜんぜんなくて、よさそうなパン屋さんのフランスパンに、富澤商店の 200g入り637円(税込)のビターチョコレートでOK。

この製菓用チョコレート、上の写真でご覧のとおり、非常に小さくカットしてあるのがありがたいのです。自分で包丁で切らなくてすむし、少量ずつ量をコントロールできるのでうっかり食べ過ぎない。

 

Inkedchocolate toast (1)_LI

100gあたりの脂質は38.7g。カカオ65%なのでビターチョコレートにしては甘さしっかりめ。

 

流れ&作り方

チョコレートとフランスパンを買う

フランスパンをスライスしてトースト

焼き上がりの少し前にチョコレートを乗せる

チョコレートがすぐ柔らかくなる

チョコレートをナイフでパンにのばす

食べる(おいしい)

 

コーヒーにもミルクティーにも合いますよ。チョコレートとパンさえあれば、完成までたったの数分。なのに特別なチョコレート・トーストを、おひとつどうぞ。

 

chocolate toast (2)

 

本日のスペシャル

「自分はお腹が大丈夫なのだが、チョコレートはどれくらいの量を乗せればいいかな?」とお思いの方へ。

こちらの画像を参考にどうぞ。これくらい乗せるとちょうどよいのではないでしょうか。

わたしは『オリーブオイルとカリカリ塩を合わせたチョコレート・トースト』に惹かれます。スペイン風の食べ方だそうですよ。ふふふ。

1日1新:Calendly、調整さん英語版、Call The Midwife シーズン7
1日1冊:Mark Forster「Get Everything Done」、スティーブヘイズ「Actをまなぶ」各少々

 

~~~~~

毎週金曜日にメールマガジン「チーム馬の骨ニュースレター」を発行しています。購読は無料、やめるのカンタン。内容をもっと知りたい方は、ここに説明があります。

1. Email Address の欄にメールアドレスを入力する
2.Name の欄にニックネーム(本名でも可)を入力する
3.Subscribe ボタンを押せば完了

Ayuko’s weekly newsletter



~~~~~

受信トレイに見当たらない場合は、迷惑メールのフォルダを探してみてください。ではニュースレターにて!

~~~~~