やりたいことがわからないのだけれど、やりたいことはどうすれば見つかりますか、と訊かれることがあります。

人それぞれの性質や事情があるので、くわしいお話を聞かないでお答えするのは難しいです。が、お伝えできることはあるなと思い、お返事を書いています。

 

その1:やりたいことを決めてから・知ってからやろうとするからかも

やりたいことがわからないのは、かっちり決めてからやろうとするからかもしれません。(かっちり決めてからでないとやりづらい性質の方は、ご自分に合った仕掛けを工夫すればOK)

やってみて、やりたいことじゃなかったらそのときは、やめたり変えたりすればいいのです。

それと人間って「やりたいこと」っていうと何か特別な壮大っぽいことをイメージしがち・・わかりますわたしもそうだから。小さくてOK、といつも自分に言ってます。

本当にやりたいことなのかどうかをやる前に知りたい?保証して欲しい?それはなんというか・・無理です。(保証します、という人がいたら気をつけましょう)

 

その2:やりたいことが本当にないのか疑ってみる

今すでにやっていることのなかに、これからもやっていたいことはありませんか?ぜんぶやりたくないことですか?

もしもぜんぶやりたくないことだったらそれは問題!なのでなんとかしたほうがいいと思うけど、「ぜんぶ」っていう人は少ないような気がする。

今すでにやっていることでやりたいことを、もっとたくさんやる方法(もっと発展させる、別の場所でやる、別の人とやる、なんかでも)は、ないでしょうか?

 

何にもやりたいことがなかったら、今は気力とか体力がないときなのかもしれません。

そういう場合は生きのびているだけでいいですよ~。

そのうち気力が出てきたら勝手に何か楽しそうにやっていると思うので、それがやりたいことですきっと。

 

本日のスペシャル

ちょっと書いてみたらもっと書きたくなったテーマでした。

1日1新:初めてお会いした方々、CBT Deck
1日1冊:認知行動療法の本いろいろ

メンターの似顔絵↓あゆうこ画

mentor talking

隔週金曜日にニュースレターを出しています。購読は無料、スパムなし、やめるのカンタン。→ 購読する