ブログのおかげで正しく嫌われることができて人生さらにクリアになった、という記事について、読者の方からご質問をいただきました。お手紙を読んでわたしなりに考えたことを書きますね。

~~~~~YMさんのご質問の要約~~~~~

ブログの記事にあゆう子さんが
「人間って自分のことを好いてくれる人達よりも、自分のことを好いていない人に注目しがちです。」
と書いていた。

最近このことを痛感している。どうにかしてやめたい。
なるべく意識して、好きな人たちのことを考えようとしているが、うまくいかない。
自分のことを好きでいてくれる人達に、より注目する方法を、教えていただきたい。

~~~~~

いただいたお手紙を読んでまず思ったことが2つあります。

ひとつは、YMさんはご自分の感情や思考がいまどうなってるのかな~と観察したり分析するのがきっとお好きなのだな、ということ。

実はわたしも自分の言動をちょっと離れたところから観察してしまう性質で、人の感情や思考についても「今こうなってるらしい」とレーダーに引っかかります。(が間違ってるときもある)

もうひとつは、「好きな人たちのことを考えようとしている」とおっしゃっていることです。(この部分は、YMさんのお手紙からそのまま引用しました)

「自分のことを好きでいてくれる人」ではなくて、「好きな人たち」・・きっとYMさんが好きな人、なのではないかな、とわたしは思ったのです。わたしの解釈がまちがっていたらごめんなさい。揚げ足取りではなくて、もっともなことだと思ったからです。

YMさんは、「自分のことを好いていない」誰かに注目してしまいがちで、それがつらいから、やめたくて、そういうときはすぐに「自分が好きな」誰かのことを思うようにしているのかな、とわたしは思ったのです。

それで、これも「あゆう子さん、ぜんぜんちがーう!」なのかもしれないのですが・・

もしかして、YMさんは「自分のことを好いていない」誰かをキライなのではないですか?(違ったらすまぬ)

もしもキライだった場合は、キライなんだ~と思うとラクになるかもしれません。キライ認定してOK。もしも100%確かでない場合は、キライ認定(仮)でもいいかもしれません。

キライ認定(仮)したからって、YMさんが「自分のことを好いていない」その誰かを蹴っ飛ばしたり意地悪したりするなんてことはないと思うので、何の問題もありません。ただキライなだけ。

YMさんの心持ち以外は、何も変わりません。そして、いちばん重要なのはYMさんの心持ちだから、他は変わらなくていいのではないかと思います。

最後に、自分のことを好きでいてくれる人達に、より注目する方法は? についてお答えします。

自分のことを好きでいてくれる人達に注目するためには、そもそも自分のことを好きでいてくれる人達が誰なのか、をわかっている必要があります。でないと誰に注目していいのかわからない。

自分のことを嫌っている人がわかると、自分のことを好いてくれる人が誰なのかが見えてきます。

自分のことを好いてくれる人が誰なのかを見極めることって、けっこう難しいんです、ほんとに。人って、自分が誰かを好きなのかキライなのか、わからないことが多いのです。

恐ろしいことですが、人間ってこういうところがけっこうぼんやりしていて、わたしもそうなんですが、今はともかく昔は誰かをキライなことに気がつかずにいました。(実にぼんやりさんだ!)

そしてそれは世の中みんなお互い様なんです。

わたしの周りにも、わたしのことを嫌いなのにそれと気づかずにわたしとつきあってくれていた友人や、わたしを嫌いなのにそのことに全然気づかずにわたしに仕事を依頼してくれていたお客さまがいました。表面的にはうまくいっても、わたしはつかれた。ので!

たとえ相手が気づいていなくても、わたしのことを嫌いな人をきちんと見分けてあげて(これは自分だけのためではなく、相手のためにもなるんです)プロアクティブに動くのがいいな、と思っています。

 

本日のスペシャル

今日もPCを寝室に持ち込んで、カジュアルに書いています。

1日1新:セブンイレブンの1/2日分の野菜!もっちりすいとん

1日1冊:浦河べてるの家「べてるの家の『当事者研究』」と Min Jin Lee「Pachinko」続き

休日のオフィス街を歩くのが好きです。

ascott (2)

 

ascott (3)

 

ascott