焼き菓子って、要は形な気がします。なので気に入った型があると楽しいです。

焼き型は一度買うと長~く使えるので、ずっと買いものしなくてすむし。我が家のは、ずいぶん前に富澤商店で購入しました。アルタイト角デコ缶 21cm(ノンスティック加工)1,400円。Amazonにもあります。

apple squares (6)

 

ノンスティック加工なのに紙を敷いているのは、バターやオイルが入らない低脂肪レシピだと、なんだかだいって多少はくっつくので、取り出すときがちょっと気になる。紙を敷くと安心します。あとビジュアルが好き。

そもそもなんでまたそんなに低脂肪?かというと、わたしはお腹の慢性疾患もちなので、けっこうきびしい低脂質食なのです。(食餌制限をまもるメリットは、激痛・入院・早死になどの可能性が低くなること!)ということで、

お腹にやさしく、かんたんシンプル、自分の好みを大切に、をコンセプトに、家の小さなオーブンで焼きもの三昧。しあわせだ。

この記事では、スクエア型で焼いた、りんごのケーキをご紹介します。

小麦粉によって食感が変わるので、お好きな粉で作ってください。ざくざくの石臼引きの全粒粉を使うと、小麦の皮のつぶつぶ食感が味わえるし、製菓用の細かい全粒粉を使うとしっとり。

オーブンに入れる前に表面に砂糖をふりかけると、カリカリとしたクラスト(皮)とポツポツの穴ができます。生地にまぜる分の砂糖からふりかける分を取ってもよいし、エキストラでふりかけても。いろいろやってみて、ご自分の好みをみつけるのが吉。

 

apple squares (7)

↑↓砂糖をふりかけて焼いたバージョン

apple squares (8)

 

砂糖をふらない通常バージョンだと表面つやっとした仕上がり。

apple squares (1)

↑↓砂糖をふりかけていない通常バージョン

apple squares (2)

 

流れ

りんごを切って砂糖をまぜる

オーブンを180℃に予熱開始

型に紙をしく

材料を計量してまぜる

型に流してオーブンで焼く

オーブンから出して冷ます

 

apple squares (4)

切って冷凍してちょびちょびばくばく食べています。自然解凍でもよし、電子レンジの解凍機能でもよし。わたしはりんごが少ししゃりっとしているくらいも好きです。

 

道具

スクエア型(好きな型でOK)、オーブン、ボウル、スパチュラ(や木べら)、キッチンスケール

 

材料

・りんご 大1個
・砂糖 5g
・レモン汁 小さじ2(あればでOK)

・全粒小麦粉 150g
・ベーキングパウダー 10g
・砂糖 30g~40g(好みで加減)

・卵 2個
・水 80g
・バニラエッセンス 8滴(好きなだけ)

 

作り方

  1. りんごの皮をむき、1.5cm角くらいに切る(形はてきとうでOK)。砂糖と(あれば)レモン汁をまぜて放置。
  2. オーブンを180℃に予熱する。
  3. 型に紙を敷く。
  4. ボウルに小麦粉とベーキングパウダーと砂糖を入れ、泡だて器でよく混ぜておく。
  5. 別の容器に卵を割り入れ、水とバニラエッセンスを加えて、泡立て器やブレンダーなどでよく混ぜる。
  6. 粉類のボウルに卵液をいちどに加え、スパチュラで混ぜる。粉気がなくなるまで。途中りんごも加えて混ぜる。
  7. 生地を型に流し、オーブンで35分ほど焼く。串を指して何もついてこなければOK。
  8. 型から出して網に乗せて冷ます。

ご自分のオーブンの性格に合わせて温度を調節したり、途中こげないようにアルミホイルを乗せたりしてください。

 

apple squares (5)

好きな大きさ、好きな形に切ってどうぞ。

apple squares (3)

 

本日のスペシャル

1日1新:Classic Editor(WordPress プラグイン)、近所に新たな散歩道をひとつ発見
1日1冊:マイリトルボックス編「素敵なパリスタイル」、Jill Liddington「Presenting the Past: Anne Lister of Halifax」、河口慧海「チベット旅行記」つづき。

ココアパウダーを加えて、丸い焼き型で作ったバージョン↓なんでもいいんですよねほんと・・。

apple squares (10)