四国村にないもの:ひとごみ、ゆるキャラ、園内アナウンス、忍者ショー。

四国村にあるもの:季節の花々、四国各地から移築した古い建物、ほんものの吊り橋、安藤忠雄の建築、石でできた場所、うどん屋。

この記事では、お正月やすみに訪れた四国村を写真でご紹介します。お散歩気分でおつきあいください。

 

どのへん?

高松の市街地から近いです。クルマなら、JR高松駅から20分くらい。

バスや電車なら、JR高松駅から(待ち時間や歩く時間を入れて)45分くらい。

 

行き方など

営業時間:11月~3月は8:30~17:30、4月~10月は8:30~18:00。年中無休。

正月飾り期間:2019年~2020年は、12/28~1/7まで。(その年によって異なるようです)

行き方:四国村のウェブサイトをどうぞ。

足もと:階段と傾斜が多い。

年間パスポート:1年間なんどでも入村できる。3,000円。(近くに住んでいたら絶対買って入りびたると思います)

ブログ:四国村日記(ほっこりブログ)

 

さっさと写真

四国村の駐車場すぐわきにあるうどん屋で腹ごしらえ。釜揚げうどんは(膵臓が弱いひとは)よくかんで味わい、半分くらい残します。おいしかった!

shikokumura

 

shikokumura (4)

うどん屋さんがにぎわってたので、お正月の四国村激混み?!と一瞬ひるみました。が、皆さまは釜揚げうどんを食べに来ただけみたいでした。

 

入り口すぐにフィールドアスレチックみたいな吊り橋が。思いがけずよろこぶ。

shikokumura (5)

 

shikokumura (6)

 

どの建物にも、あちこちにお正月の飾りがされていました。神さまはすべての場所とモノにやどっているのだな。わたし達ってアニミストなのだな。

shikokumura (7)

 

shikokumura (8)

 

shikokumura (9)

 

shikokumura (10)

 

丸い建物は、さとうきびを絞るための場所。

shikokumura (12)

 

shikokumura (13)

 

shikokumura (14)

 

屋根。

shikokumura (11)

 

shikokumura (15)

 

干し大根と干し柿のお供え。

shikokumura (16)

 

shikokumura (17)

 

ここにも丸い建物。

shikokumura (18)

 

shikokumura (19)

 

香川県は美しい石で知られてきたそうです。彫刻家がつくった石の道、ここほんとにきれい。

shikokumura (20)

 

ながめはもちろん。

shikokumura (21)

 

shikokumura (22)

 

shikokumura (23)

 

石の道をとおって上までのぼると灯台守りの住居。洋風の家にもこのような正月飾り。

shikokumura (24)

 

shikokumura (25)

 

shikokumura (26)

 

shikokumura (27)

 

足を踏み入れてみたらこんなふうでした。

shikokumura (35)

 

shikokumura (28)

 

お風呂にもお供え。

shikokumura (29)

 

安藤忠雄がデザインした四国村ギャラリーという小さな美術館の、テラスからのながめ。(暖かい季節、このテラスに本を持参で入りびたりたいものです)

shikokumura (30)

ギャラリーには、モネが友人に宛てて書いた手紙が展示されていました。
「モネっていいやつやな」と友ぽつり。

 

shikokumura (31)

 

shikokumura (32)

 

shikokumura (33)

 

吊り橋の写真をみて思い出したのが、あやとり。ちょっとやりたくなりました。

shikokumura (34)

 

四国村は、手入れする人たちの愛をあちこちに感じる場所でした。

 

本日のスペシャル

最近の1日1新:ずっといってみたかった四国村
1日1冊:Anne Choma「Gentleman Jack」、ビルギット・ヴァイエ 「クレイジージャーマンズ」つづき。