balcony

 

雨の日に向いているのは、玄関先、バルコニー、窓ガラスなど、外に面した部分の掃除です。

水に濡れていると、泥やほこりなど、こびりついたモノが「ゆるんで」いるので汚れがスムーズに取れます。直接外に面していない、濡れていない場所も、湿気のおかげで力が要りません。

今朝も「お!雨」と窓とバルコニーと玄関の外をさささっとふきました。雨が上がって外出し、さきほど帰ったらピカピカの玄関に迎えられて幸せな気持ちに。

雨の朝、15分あればお試しくださいね。汚れがスルスル取れて快感です。

 

 

流れ

ぞうきんを濡らして絞る

道具をそろえて出入口のポイントに置く

いろいろな場所の表面をなでるように拭く

汚れがたまっているところがあれば水でさっと流す

 

道具

絞ったぞうきん3~5枚、水を入れたバケツ、ゴム手袋、洗剤、長靴

(ゴム手袋は安全のためによいですよ。洗剤は使わなくても落ちる場合も。長靴は自由をくれます!)

 

ふくところ例

バルコニー

  • 窓ガラス
  • 窓サッシ
  • 室外機
  • 手すり
  • 家具

 

玄関先

  • 窓ガラス
  • 窓サッシ
  • 室外機
  • ドアホン
  • 手すり
  • ガスメーターボックス
  • 玄関ドア
  • 玄関たたき

 

 

仕事にも人生にも、雨の日のほうがやりやすいことがあります。

文字どおり雨がふっている日も。物事が思うようにいっていない時のたとえとしても。

 

わたしはたいてい雨がふっているのをみてピン!と来て、やります。(すぐ動けなかったらEvernoteにメモメモ・・)

でも、雨の日にうまくできそうなことを日頃から考えておいて、雨がふったら、待ってました!とやってみるのもいいかもしれません。(このへんはひとそれぞれですよね)

 

 

本日のスペシャル

1日1新: 横浜美術館「村上隆のスーパーフラット・コレクション」展

夜型だったわたしは十年ほど前、一発で早起きができるようになりました。4:48とか5:02になると、もれなく腹痛で目が覚めるのです(←遺伝性の慢性膵炎)1枚のぞうきんになって巨人にしぼられている感じ・・。

いまでは激痛で目が覚めることなんてほとんどありませんが、自然に早起きでラッキー。病気もよいことがありますね!