香港式コーヒーミルクティーは、コーヒーと紅茶とミルクが混ざった、不思議とおいしい飲みもの。いろんな言い方があるようですが、わたしは「ホンコンコーヒー」と呼んでいます。

中華街のお店や、飯田橋の香港式カフェ「香港贊記茶餐廳」に行けばありますが、家でも簡単に作れます。(香港式のダイナー風なカフェ、ほんと好きです・・)

遺伝性の慢性膵炎持ちのわたしには、ノンカフェイン&無脂肪の、お腹にやさしいバージョンです。コーヒーはほんの風味づけ程度、甘味なし。ティーバッグとインスタントコーヒーを使い、手軽に作っています。
お腹が大丈夫な方は、本物のコーヒーで本物の紅茶を濃いめに淹れ、牛乳や生クリーム、練乳や砂糖をたっぷり加えた本格バージョンがおいしいのでぜひ。

いつも普通のデカフェ紅茶を使っていましたが、最近ふと思いついてアールグレイで試したら、柑橘とコーヒーの香りが合う!
なので今回はアールグレイを使ったレシピをご紹介します。お好みの紅茶でお試しください。

 

材料

  • ノンカフェインのアールグレイ紅茶のティーバッグ1個
  • デカフェのインスタントコーヒー 小さじ1/2
  • スキムミルクパウダー 小さじ2
  • 水 紅茶一杯分

 

材料を入手した場所

アールグレイ紅茶は「アーマッド アールグレイ デカフェ ティーバッグ」近所のカルディコーヒーファームで451円/20袋。アマゾンプライムでは606円/20袋。

デカフェのインスタントコーヒーは「マウントハーゲン オーガニック カフェインレス インスタントコーヒー」iHerbで961円/100g。アマゾンや楽天では1,200円~1,800円/100g。

 

道具

マグカップやティーカップ、小皿(カップにふたをするため)、スプーン

 

作り方

  1. マグカップやティーカップにデカフェ(ノンカフェイン)のアールグレイ紅茶のティーバッグを入れておく。
  2. 水を沸かす。
  3. お湯をカップに注ぎ、小皿でふたをする。数分まつ。紅茶は濃いめに。
  4. スキムミルクとインスタントコーヒーを加え、よく混ぜ、ティーバッグを絞るように取り出して完成。

 

 

hong kong coffee (4)

 

 

本日のスペシャル

1日1新: チャットボット、近所のクリニック、じんましんの薬、Standard Widget Extensions

ずいぶん前のこと、顔見知りの方から電話がありました。
個人的に話したことはなく、電話をもらうのも初めてだったので不思議な気持ちで話を聞くと:

Wさん 「カナダの知り合いが来月日本に来るんだけど、泊めてもらえない?」
わたし 「??」
Wさん 「うちは無理だし、あゆう子さんのところなら大丈夫な気がしたのよね」
わたし 「??」
Wさん 「今はカナダに住んでるけど香港人で・・・(以下略)」
わたし 「いいですよ」
Wさん 「えっっっ。いいの?」

我が家のゲスト(←ご招待した居候)は、阿佐ヶ谷に自分の家を借りるまでの数か月、おいしいものを作ってはラップして、その辺に置いておいてくれるのです。北米の中華街や香港にあるようなダイナー風のカフェのメニューでした。香港コーヒーも作ってもらえるし!ぜいたく。

そういうときってお金をもらうの?と訊かれたことがあります。
いいえ。宿泊所を経営しているのではないし、わたしもいろんな人に招かれて(悠々と)居候したことが何度もありますので!ありがたいですね。