プラスチックごみを減らしたいなあと思い、竹製の歯ブラシを探していました。

持病で一度にたくさん食べられないので、放牧中の牛のごとく、しょっちゅう食べては歯みがきをしています。なので歯ブラシの消耗が激しいです。プラスチック製の歯ブラシを、ひとの3倍4倍は消費しているのではないか。

夜寝る前はいつものブラシでじっくりみがくとして、日中ちゃちゃっとするときは、竹製の歯ブラシでもいいのではないかしら。

生きてるだけでポイポイゴミを出すわたしですから、工夫できることはしてもいいのでは?

オンラインストアのレビューを見て、さわり心地がよさそうな商品を探しました。

「かたい。イヤ」「ガサガサしている。却下」と文句言ってくれてる人がひとりでもいたら、他を探し、

「当たりがやさしい」「柔らかめが好き」とあれば候補に。さらに

「いくら環境に良くても磨いた気になれない。やわすぎ」「ガシガシ磨きたい自分には合わない。捨てた」とあれば、わたしにはぴったりですから即注文!

・・・して使ってみた商品を2つ、ご紹介します。

 

柄が白いブラシ Grin Charcoal Infused Biodegradable Toothbrush

柄の部分はコーンスターチを原料とする、環境によいとされる生分解性プラスチック製。ブラシは通常の樹脂製。

白、ネイビー、ミントの3色から選べる。写真の Ivory Desert は、落ちついた白。(実は色とデザインに惹かれて買いました。他の色も素敵です)

ニュージーランドのオンラインストア「HealthPost」で、391円/1本 または 602円/2本。

 

柄が木のブラシ Grin Charcoal-Infused Bamboo Toothbrush ←導入

柄の部分は竹製。ブラシは通常の樹脂製。

ニュージーランドのオンラインストア「HealthPost」で、232円/本。

そもそもの目的は、プラスチックゴミを減らすこと、でした。生分解性といっても土に還るには条件があり、時間もかかります。ここでプラスチック製を選んでは本末転倒ぽい気がするので!次に買うのはこちらの竹製にしました。

竹の歯ブラシ、こわごわ使ってみたら大丈夫で、なんでこわごわしていたのか不思議。

 

grin toothbrushes (1)

 

2種類ともブラシの部分は、樹脂製の、同じ材質です。黒いのは炭で抗菌加工してあるから。

あまり期待していなかったのに、わたしはこのブラシ部分がとても気に入ってしまいました。柔らかいのにコシがあり、ブラシの先つんつんせず、細かいところもさわれて気持ちいいのです。「食べたらみがく用」としては充分。いそいそ使っています。

 

grin toothbrushes (5)

 

ヘッドがコンパクトで、細く小さい歯ブラシに慣れているので、最初は「うわー特大!」と思いました。

奥歯をみがくときは少し口を閉じ気味にすると、大きいブラシでも届きやすいですね。

 

grin toothbrushes (4)

ここの会社、ロゴも気に入りました。

 

grin toothbrushes (2)

やっぱりブラシがいい感じ。

最後に竹製の歯ブラシを快適に使うコツをひとつ。乾いたまま口に入れるよりも、柄の部分を上から数センチまで、水でぬらしてから入れるほうが、なめらかで気持ちよいです。

歯みがきを楽しまれますように。

 

本日のスペシャル

少し前の1日1新:grin 竹製歯ブラシ、grin コーンスターチ樹脂歯ブラシ、grin プロポリス入りホワイトニング歯みがき粉(これは味がわたしダメでした。バラの紅茶やラベンダーのソースなど、花の香りの食べものが苦手らしいです)

少し前の1日1冊:Gretchen Rubin「The Four Tendencies」

 

grin toothbrushes (3)