わたしの幼馴染は大の旅行好き。高校生のときに深夜ラジオのクイズ番組で勝ち、賞品として得たアメリカ旅行が初めての海外でした。

キリマンジャロだのイベリア半島最高峰なんとか山脈だのペルー最高峰かんとか山とか、最近はエクストリームな旅が多いようです。

(わたしは自分が出不精で体力ひかえめなのに、どうしてか周りにはこういう人が多いです。たのしい)

ずいぶん前のこと、わたしにしては珍しく、きちんとした服とギアを持って海外に行く用事ができました。

大きなスーツケースが必要だわ・・と話していたら、気前のいい幼馴染が、自分のを使っていいよ、と貸してくれることに。

ありがたくお借りしましたが、なるべく

  • 失くしたくない
  • 傷つけたくない、汚したくない
  • 大切に扱って欲しい

ということで対策を考えました。

空港や公共の場所で目立つように、保護できるようにカスタマイズするには?

・・

・・・・

・・・・・・

💡

diy suitcase customization (8)

 

diy suitcase customization (9)

 

diy suitcase customization (11)

 

写真は、この記事のために先ほどさささっとはりつけた作品?です。

幼馴染のスーツケースは冷たいシルバーだったので、パステル2色でデジタルっぽい大きなハートを片面いっぱいに、もう片面はすっきりストライプにしました。EvernoteとiPhone前史時代で写真はありません。

 

マスキングテープでデコれば

飛行機から荷物が出てきたとき、ターンテーブルですぐにわかります。目立つものやヘンなものは持っていかれません。

目立つしラブリーなので(これを持って歩くのなんか…気が引けるかも…)と思ってもらえるのがいいですよね。

マスキングテープを張っただけです。はりつけるのはすごーく簡単で、旅から帰ってきたら汚れとともに、きれいにはがれます。

なんなら旅の途中で別のデザインに張り替えることも可能です。

とにかく!おかげでいつも無事です。

 

diy suitcase customization (12)

 

写真のスーツケースは、急に長期で出かける用事ができたときに、近所のショッピングモールで購入しました。

製造元はSUNCO、本体の重量は3.7kg。値段は失念。軽くて動きもスムーズで、おかしなことがなにも起こらないのがありがたいです。

たまにしか使わないけれど、あると安心だし、必要なものはぜんぶ入るお気に入り。

ふだんは物入れにしています。(季節はずれの洋服とリネン類を入れて、ときどき開けて換気しています)

 

diy suitcase customization (4)

↓ふだんの姿↑

diy suitcase customization (5)

 

コツ3つ

  1. 自由に・気軽に・てきとうに。時間をかけすぎない。
  2. 自分の色で、シンプルに。
  3. 遠くからどう見えるかを考える。

少しゆがんだり斜めになっていても、離れたところから見たらぜんぜんわかりません。

気に入らなかったらはがせばいいし、そもそもそのへんの人々は他人のスーツケースのマスキングテープが曲がっていることなんてまったく気にしてないから大丈夫。(と自分に言ってます)

それと、テープは手でちぎるよりも、はさみで切るほうがすっきりしたデザインになります。そこはお好みで。

 

diy suitcase customization (7)

 

diy suitcase customization (6)

 

diy suitcase customization (2)

 

材料

スーツケース、マスキングテープ

 

道具

ぞうきんやふきん(などスーツケースを拭くもの)、はさみ

 

diy suitcase customization (1)

 

作り方

  1. マスキングテープを手に入れる。
  2. スーツケースをきれいに拭く。(水拭きしたときは完全に乾くまで待つ)
  3. スーツケースに、マスキングテープを好きなようにはりつけて、絵を描く。

 

diy suitcase customization (10)

 

diy suitcase customization (7)

これは、旅に出ますよ、ついに新しいどんぶりが手に入りますよ、旅先で低脂肪料理のワークショップをしますよ、という女神様のお告げでしょうか。楽しみ!

 

本日のスペシャル

1日1新:スーツケースのカスタマイズ新デザイン、出不精をやめた
1日1冊:Ann Bogel「Reading People」