寒くなるとオーブンを使いたくなりますね。りんごのタルトでも作ろうかしら…と自分のブログを検索したら、レシピがみつかりませんでした。記事にしたと思いこんでいたのに、まだ書いていなかったので急いでご紹介します。

アリス・ウォータースという料理家のアップル・タルトを参考にした、「バターは10分の1くらい、砂糖も10分の1くらい、でもたぶんそれ以下」バージョンです。

タルト皮のカリカリとチュウイーな食感、グラニュー糖のつぶつぶ、りんごのこげこげ、ビジュアルって大切ですね。ぜひおいしいりんご、おいしい小麦粉を使ってみてください。

 

流れ

材料を計量しておく

生地を作る

オーブンの予熱を開始

りんごを切る

生地にりんごを乗せてオーブンへ

この間にグレイズ(=仕上げに塗るジャム)を作る

焼けたらすぐグレイズを塗る

 

道具

キッチンスケール(はかり)ボウル、型*(なくてもOK)、めん棒(なくてもOK)、オーブン、小鍋、ざる、刷毛**(あるとストレスフリー)

*型がない場合は、オーブントレイにアルミホイルやオーブンペーパーを敷いておいてください。

**気持ちよく洗って使えるシリコンの刷毛を愛用しています。我が家のは古いモデルなので少し違いますが、ご参考までにどうぞ。マストラッドのシリコン製ペストリーブラシは1,512円。http://www.mastrad.buonoitalia.jp/items/brush.html

 

apple tart (8)

 

 

材料(18cmのタルト型1個分)

タルト生地

  • 砂糖 小さじ1/2
  • 卵 1個
  • バター* 10g(しばらく室温に出しておいたもの)
  • 小麦粉** 125g

*バターはお好みで無塩でも有塩でも。我が家は「切れてるバターひとつ=10g」でカンタンにしています。

**小麦粉は、準強力粉がおすすめです。薄力粉ではパイ皮らしさが出ないし、超低脂肪なので強力粉だと硬くなる。でも!お好きな粉でいろいろ試すのも楽しいですよね。

ここでは「メルベイユ」というフランス産の準強力粉(=フランスパンに使う小麦粉)で作りました。富澤商店で453円/1kg。https://tomiz.com/item/01233602

 

フィリング(=タルトの中身)

  • りんご* 2個  皮をむいて薄切り(皮と芯は捨てないで取っておく)
  • グラニュー糖** 小さじ2~3

*タルトには「グラニースミス」というりんごを使っています。皮と芯もグレイズに使うので、農薬ひかえめだと心が安まるかもしれません。大きなりんごでも1個200円~300円なのでわたしは買っちゃいます。バターも砂糖もほんのちょびっと!りんごがメインですので。

**わたしは砂糖もグラニュー糖も、カソナードというフランスのつぶつぶ赤砂糖を使っています。香りが良いです。カルディコーヒーファームやAmazonで1,000円くらい/750g。

 

グレイズ(=仕上げに塗る簡易ジャム)

  • りんごの皮と芯
  • ひたひたの水
  • 砂糖 小さじ1

 

apple tart

 

 

作り方

  1. ボウルに小麦粉を入れ、(ふるう代わりに)泡立て器などでぐるぐる混ぜておく。
  2. 別のボウルに卵と砂糖を入れ、混ぜる。柔らかくしておいたバターを加え、バターが5mm角くらいの大きさになるまで切り混ぜる。(卵液にバターの小さいかけらがプカプカ浮かんでいれば成功!見かけはヘンですが、これが出来上がったタルト生地の「らしさ」を醸し出すキモです)
  3. 卵液に小麦粉を加え、こねないように、さっと混ぜて、ひとかたまりにする。そのまま置いておく。
  4. オーブンを210℃に予熱する。
  5. りんごの皮をむき、芯を取り、薄切りにする。皮と芯は捨てないで、小鍋に入れておく。
  6. めん棒などを使って、生地を直径20~22cmくらいに伸ばし、型に乗せる。(形は自由にして大丈夫、焼けば見た目もいい味に)
  7. 生地の上にりんごを並べ、端っこは折り返す。りんごと生地にグラニュー糖をふりかける。
  8. オーブンで45分焼く。(我が家のオーブンは場所によって温度差があるので、焼きむら防止のために、途中2回=15分ごとに角度・位置を変えています←すごく原始的ですがカンタンで効果ばつぐん)
  9. タルトを焼いている間に、グレイズ(=仕上げにりんご部分に塗るジャム)を作る。
  10. りんごの皮と芯を入れた小鍋に、水と砂糖を加え、中火で加熱する。
  11. りんごが柔らかくなり、水分がほとんどない状態になれば、火を止める。
  12. ボウルにざるを乗せる。小鍋の中身をざるにあけ、ヘラやスプーンをぎゅぎゅっと押しつけて、りんごエキス?を濾し、ざるの下側に出たものをこそげとる。(→このタイミングでざるを洗っておくとあとがラク!)
  13. 焼きあがったタルトをオーブンから出し、りんごの部分にだけシリコンの刷毛でグレイズを塗る。

そのままでも冷蔵庫に入れておけば数日は大丈夫です。切り分けてラップフィルムに包み、さらにフリーザーバッグに入れて冷凍保存をすれば、自然解凍で美味しく楽しめますよ。

 

本日のスペシャル

1日1冊:ひとりっP「今日もせかいのどこかで ひとりっぷ」

1日1新:東日本橋のパン屋さん、曙橋のお菓子屋さん どちらも名前失念…ウェブ情報無し(←いいですよね、ウェブで見つからないお店)