あなたは人混みダメですか?わたしも苦手です。

でも出かけるのは大好きだし、東京にはうつくしい場所がたくさん。

トリュフの豚のように静かなスポットをかぎ分けて散歩を楽しんでいます。

今日は江戸城のお濠の脇をご案内いたしますね。

とにかくきれいなところなのです。

imperial moat 06

 

 

ルート

地図の左下の水色で囲んだ半蔵門駅 → 赤い線をたどって → 地図の右上の水色で囲んだ九段下駅まで歩きます。

途中お茶したり写真を撮ったりしても、1時間~1時間半もあれば余裕です。ひと駅ですので。

map

緑色の「お」は、甘味処の「おかめ」のことです。「おかめ」はFM東京の裏にあり、この日はここで腹ごしらえしてから散歩を開始しました。散歩の後に、ではなく、まずは休憩と栄養補給、なのがわたし流です。

このお店は何を食べてもおいしいですが、宇治かき氷(がちょっとだけ)とソフトクリームと小豆と豆乳ゼリーがいっぺんに楽しめる「おかめパフェ」910円がおすすめ。ほうじ茶は熱いのをどんどんついでもらえます。

 

ご案内します

麹町警察署の前で道路をお濠側に渡ると、お濠の向こうは皇居。向かって左へ歩いて行きます。鏡のような水面に映った芝生と木々が鮮やか。

imperial moat 01

 

 

うしろをふり向いたら、静か。

imperial moat 02

 

 

水に映った空はなにも動きません。

imperial moat 03

 

 

空でもなにも動いてない。

imperial moat 04

 

 

この辺で左側を見ると通りの向こう側には英国大使館があります。

imperial moat 05

 

 

小さい派出所(千鳥ヶ淵警備派出所)の手前で右に曲がり小さな橋を渡ります。来た道をふり返るとこのような景色。

imperial moat 06

 

 

ここはいつも刈った草の香りがします。

imperial moat 07

 

 

imperial moat 08

 

 

道路の向かって左側、つまり土手の上を歩いています。写真はうしろをふり返って撮りました。

午後3時、傾きはじめた太陽の光がさんさん。草の香りつづく。

imperial moat 09

 

 

土手が終わったら降りて歩くと、左側に東京国立近代美術館工芸館があります。敷地に入って工芸館の建物の裏へ回るように進むと・・・

鬱蒼!

imperial moat 10

 

 

imperial garden 01

 

 

左側は土手になっていて、千鳥ヶ淵をのぞむことができます。桜の季節に「千鳥ヶ淵に行く」人々は、お濠の向こう側からこちらを見ているのですね。

こちら側ですれ違ったのは今日は4人でした。

imperial garden 02

 

 

imperial garden 04

 

 

imperial garden 06

 

 

imperial garden 07

 

 

imperial garden 09

 

森を抜けると突き当たりに武道館が見えてきます。左に道なりに進むと大きな通り(靖国通り)に出ます。右に進んで坂を少し下りると地下鉄の九段下駅。ごきげんよう!

 

本日のスペシャル

1日1新: 伊勢丹新宿の新リビングフロア+英国ウィーク

数ヶ月ぶりに伊勢丹新宿のリビングフロアに行ったらハリボテ感が激しくディズニーランドみたいです。バーに座ったお客さん達がリーデルの巨大なステムウェアで水出し緑茶を味わっていました。おもしろい!家で真似する。伊勢丹はほんとに楽しくて好き。

英国ウィークという催事には興味深いものがあったけれど、わたしのお腹には処理できないのでお小遣いが儲かってしまった。英国トレンド料理のBespoqueという実店舗に行ってみようと思います。