ふたたび時間切れになりそうなのでこれから書く予定の記事についてメモ書きします。

 

ニュージーランド

  • ニュージーランドにお引越しすることになった(ブログをつうじて知り合った)お友達のメールと、
  • ニュージーランド(の同じ町!)にお住まいのブログの読者の方のメールが、

受信箱で上下に並んでいたことにびっくりしました。うれしい!!!これは何かのご縁かしら。ニュージーランドってどんなところかしら?(←ぜんぜん知らない・行ったことない)

ということで、調べて書いてみたくなったのです。イメージとしては、小学生の研究課題レポートみたいな感じ!

 

身体に合わせたPCデスクができた

やすりがけが完了していないので、さわったときにケガをしないように、断面と角に白いマスキングテープで保護しました。

そしたら見た目なんだかエレガントなので、やすりがけした後も断面だけ白くしようかと思います。

ergonomically me

(めちゃくちゃ気に入ってます)

 

小さなお財布の修理

数年前にブログでご紹介したお財布のスナップが壊れたので、修理してもらいました。

 

「あれイヤこれイヤ」メソッド

家をこうしたい・ああしたい、の前にイヤ~イヤ~を先にやるといいみたいです。

 

レファレンスの書き方

レファレンスが書けなくて困ってる方に「もう書いといて~」と言われたのですが、そればっかりは自分で書かないとまずいのでは・・と思ったので記事にしようかと・・。

 

Airbnbのプロフィールやリスティングコピーの書き方

質問に答えれば何かしら書けるプロフィール質問集と、空欄を埋めればいいリスティングの説明のテンプレート。

 

用と美をたのしむ白いギフトアイテム

贈り物のシーズンなので、こういう記事も書きたいなあと思うのです。写真を撮るのも楽しいし。

 

シナモンロール

プレーンなシナモンロールと、みそキャラメルシナモンロール。

やけどをしてからすっかり怖くてオーブンを使えていません。さっさと安全デバイス?を作り、シナモンロールをごろごろ焼くべし。

(ねただけは無尽蔵にあるなあ・・)

 

本日のスペシャル

昨日読んだ「soar」というサイトの記事。「ある日突然、体が思うように動かなくなった。それでも私が『慢性疲労症候群』とともに前向きに生きてきた日々」すばらしい!と思ったところを引用しました。(太字の強調はわたしが付けました)

ME/CFSは体調に波があり、私は今でも体調がいい時、数十分から数時間はエネルギーがあるタイプです。例えばテレビをみて笑った声がすごく大きいときもあります。母としてはそういう姿を見て、「なんで元気な時にお風呂に入ったり、やらなきゃいけないことを優先しないの?」と思っていたそうです。

でも私はME/CFSの波を乗りこなすためにも元気な時にエネルギーを貯めながら、ここぞという時を自分で選んできたいタイプ。

症状が軽かった時は、二人で息抜きに旅行に行くこともありました。そのあと旅行の疲れから1週間くらい寝込んでしまうのですが、「それも込みで旅行だ」って思っていました(笑)。

 

「ご冗談でしょう,ファインマンさん」上下巻(岩波現代文庫)Richard P. Feynman「Surely You’re Joking, Mr. Feynman!: Adventures of a Curious Character」の有名な引用を思い出したのでこれも。

“You have no responsibility to live up to what other people think you ought to accomplish. I have no responsibility to be like they expect me to be. It’s their mistake, not my failing.”

 

1日1新:もようがえ(家具の配置、鏡の枠の色、照明)、お財布の修理
1日1冊:林綾野「フェルメールの食卓」、POPEYE「部屋とシティボーイ2」、内田樹「態度が悪くてすみません」少しずつ