パンケーキにとろーり、みつまめにたらーり。カロリーほぼゼロ(2%だけ、てんさい糖)で、血糖値を上げない自家製の黒みつ風シロップをご紹介します。

遺伝性の慢性膵炎もちなわたし。砂糖の代わりに羅漢果糖(らかんかとう)を使う、このシロップだと食べたあとに胸焼けしません。

甘みは砂糖のようにしっかりしており、黒みつ系の濃い味がします。黒みつってほんのり苦味とこってりした酸味がありませんか?あのような感じです。

 

sugarless pancake syrup (5)

米粉のパンケーキと黒みつ風シロップで、なんとなく和風におやつ。

 

羅漢果糖は、羅漢果という果物を乾燥させて顆粒状にしたものです。茶色の顆粒の 98% が羅漢果、残りの2% は、てんさい糖。近所の自然食品店の方によると、加工するのに必要な「添加物」(←てんさい糖が!)なのだそうです。

sugarless pancake syrup (2)

 

わたしが好きなポイントは:
1.砂糖と同じくらいの甘さで使いやすい
2.胸焼けしない、血糖値を上下させない
3.味が好き(わたしはステビアや甘草の味が苦手なのです。ラカントなど人工甘味料もムリ)

しかたない(けどOK!)思うポイントは:
1.羅漢果糖を入れると茶色くなる(チョコレートケーキ風、あんこ類、黒みつ風だと見かけかんぺき)
2.価格が 2,620円/500g と高め(いちど買うと長くもちます500g)

羅漢果の含有量は少しだけであとはすべて砂糖(または人工甘味料)!みたいな高額なニセモノ商品もたくさん出品されています。(ヒエ~)

なので、ご注意ください。それと、「ラカント」という名前のついている商品は、羅漢果糖とは別物です。

 

道具

小鍋、スパチュラ(や木べらなど混ぜるもの)

 

材料

・羅漢果糖 100g
・水 75g
・コーンスターチ 0.4g(小さじ1/5・・ほんのちょっとです)

・お好みでバニラエクストラクト 2滴~5滴(わたしの場合は、パンケーキならバニラ入り、和菓子ならバニラなし)

上の材料で、210g入りマスタードの瓶に↓これくらいの量です。けっこうもちます。

sugarless pancake syrup (6)

わたしは羅漢果工房の「らかんか顆粒500g」2,620円を、Amazonで購入し、もっぱらおやつ作りに使っています。

sugarless pancake syrup (3)

 

作り方

  1. 羅漢果糖100g、水75g、コーンスターチ0.4g(小さじ1/5)を鍋に入れる。
  2. スパチュラ(や木べら)で、コーンスターチのダマがなくなって、羅漢果糖がなじむまで混ぜる。羅漢果糖は完全に溶けていなくても大丈夫です。
  3. 鍋を弱めの中火にかけ、沸騰したら弱火で7分~10分くらい、混ぜながらのんびり煮つめる。白っぽいアクのようなものが表面に出てきますが大丈夫。冷えると黒い蜜状になります。
  4. 鍋を火からおろし、ふた呼吸したら、お好みでバニラエクストラクトを2滴~5滴くらい加える。
  5. 容器に移して冷蔵庫で保存する。

 

sugarless pancake syrup (4)

米粉とベーキングパウダーと牛乳(わたしは無脂肪か低脂肪)の3つだけ、ミニマリストなパンケーキです。

なんだかお腹がすいてきました。ごはん作りますので、それでは!

 

本日のスペシャル

最近の1日1新:手作りマスク(作成した妹は「派手だった」と言っていますが、ケンカが強そうに見えるのでわたしは気に入ってます)、初めての方のウェビナー受講

1日1冊:竹下隆一郎「内向的な人のためのスタンフォード流ピンポイント人脈術」つづき