10年前(もっと前?)に購入したデロンギのコンパクト・コンベクションオーブンを愛用していたわたし。

今年(2020年)発売されたばかりの新しいミニ・コンベクションオーブンを使ってみたらよかった!のでご紹介します。

デロンギ スフォルナトゥット・イーヴォ ミニコンベクションオーブン 8.5L ホワイト/ブラック EO90155J-W」は、Amazonで税込み19,000円。

 

サイズ感は?

箱から出したら思ったよりも小さくて(どうしよう・・これでケーキなんか焼けるの?)と不安になりました。でも、

試しにふだん使う焼き型を入れてみたら、すべてすんなり収まったのでびっくり。

  • スクエア型 20cmx20cm
  • パウンド型 8.5cmx21cm
  • タルト型 直径18cm
  • ケーキ型 直径18cm
  • 取っ手のとれる&くっつかないT-falのフライパン 22cm(オーブン焼きやパエリャも)
  • マフィン型 26×17.5cm(ご注意ください:あと2~3mm大きければたぶん無理。これだとすっぽり収まる

庫内は不思議とゆったりしています。

 

my tiny teeny oven (7)

 

my tiny teeny oven (8)

 

fica (26)

 

付属品は?

重宝しているのが、オーブンに付属の

  • くっつかないオーブントレイ 21cmx25cm です。深さも2.5cmくらいある。

指でつまんでブラブラさせられるほど軽くて小さく、洗うの簡単。

パンを乗せて温めたり、野菜や魚を乗せて焼いたり、フォッカッチャ生地をトレイいっぱいに伸ばし(そのまま適当に発酵させ)て焼くのにちょうどよかった。

他には

  • 油が落ちる穴あきオイルプレート
  • 四角いピザストーン
  • 熱いトレイを取り出すためのグリップ

が付いてきます。わたしはまだ使っていません。

 

トーストは焼けますか?

「トーストはできますか?」と訊いてくださった方がいらしたので、トースト写真をどうぞ。

ドアがぴたりと閉まるからか、パンから蒸気が立っています。

my tiny teeny oven (4)

 

トーストしただけパン。

my tiny teeny oven (5)

上はデュラム小麦粉100%、下は玄米粉50%+北海道小麦粉50%(上下とも油分入れてない版)

my tiny teeny oven (1)

 

以前のデロンギと比べてどう?

我が家の先代デロンギ・コンパクト・コンベクションオーブンは、たぶんこれです。

先代のと比べ、今のデロンギはずいぶん小さく感じますが、同じ道具と同じ焼型を使って、同じように使えています。

ただ、天井が低いので、庫内の奥のほう&上のほうが見えづらいです。(そういう角度になってしまう)

背の低い料理(トースト、タルト、マフィン、グリル野菜・魚など)なら問題なく奥まで見渡せますが、背の高いケーキだと奥までは見えません。(ちゃんと焼けてます)

 

my tiny teeny oven (9)

こんな小さなオーブンであれこれ焼きもの楽しいな。

 

本日のスペシャル

先代のデロンギ・コンパクト・コンベクションオーブンは、10年使って熱源の部分にはまったく問題なし。壊れたのはハードウェアでした。

まず庫内のワイヤーが欠け(たけど金属片取り除いて気にせず使う)、タイマーのつまみが次々に取れ(たけどボンドで接着)、最後はドアのヒンジが壊れ、閉じたまま開かなくなったのでそのまま引退。

こういう終わり方ってなんとなくわたしは好きです。

と最近まで思っていたのですが、やめました。さいきん痛い目に遭ったから!

パソコン周辺機器の古いコードやHDMIとVGAの変換アダプタなんかが壊れているのに気づかず、ディスプレイモニターやPCを処分するところでした。

家電はまあいいかもだけどパソコン周りはダメだ。

そもそも変換アダプタだのコードがいろいろ必要な環境がよくない!変えましょう。

つぎはぎ好きだからってこれじゃつかれてしまうわ。(←日記)

1日1冊:グレチェン・ルービン「苦手な人を思い通りに動かす」、杉本鉞子「武士の娘」、西脇俊二「繊細な人が快適に暮らすための習慣」続き。