ammolite

病気をしてほんとうによかった!と思います。(元気になった今だからこそ言えることですが・・。)

病気で翻訳の仕事をやめて少し良くなったとき(今から3年半くらい前の話です)、仕事は何をしようかと数分考えて、翻訳はいったんやめようと決めました。

翻訳案件は体力的に無理だから、というのが表側のわかりやすい理由です。

裏側の理由は、翻訳案件を請けていたときの違和感の正体がわかったからです。(なぜ裏側かというと、かっこわるいからです!)

『翻訳案件に不随する業務で、無料でやってたものが多すぎる・・・』

これはわたしの責任です。

なんとかしよう。

以前していた仕事のうち、有償無償にかかわらず翻訳を除いた業務を細かく分解し、単品で提供してみることにしました。

 

 

さっそく業務の分解メモ

  • 相見積もりなのに見積もり作った
  • 原稿となる書類のトリアージした
  • 用語集作った
  • 社内翻訳者用マニュアル作った
  • 技術者の人生相談した
  • プレゼン担当者のコーチした
  • 人材確保した
  • 営業した(営業担当の方が途中からいなくなってしまい・・)
  • フィージビリティスタディした
  • ゴーストライターした
  • 経営者の人生相談した
  • 詐欺師を見分けた
  • VIP旅行の企画した、運用した
  • インタビューして書いた
  • パソコン先生した
  • コピーライターした
  • 日本語原稿なしで英訳した
  • 遠隔マナー教室
  • お金を貸した
  • スライド並べ替えした
  • 写真撮影した
  • 筆記体の解読した

・・・(続く)

内容がヘンなのもありますが、気にせずどんどんリストアップしました。

 

 

シンプルな質問で精査し、見切り発車

  • 自分が得意なのはどれ?
  • 自分が好きなのは?
  • 自分のペースで力を発揮できるのは?
  • 気が合うお客様はだれ?
  • お客様が喜びそうなのは?
  • お客様にとって価値がありそうなのは?
  • 自分とお客様のライフスタイルと価値観に合ってるのは?
  • 自分がそれをやってることで認知されたいのはどれ?
  • ベストな組み合わせはどれ?

 

 

やってみた結果

  • 単品で(も)買ってくれるお客様がいた
  • 単品のほうが単価が高い
  • 単品のほうが大事にされる(リスペクトされる)
  • 単品の組み合わせが面白い
  • 翻訳も複数業務の1つ=単品、としてあつかうと、悪くない
  • なぜか「翻訳じゃないんだけど・・」と依頼されてびっくり(こちらから声をかけたわけではないのに)

 

 

メインの看板をいったん外すといろんなことができる

メインの業務から、それに付随する業務を一度切り離して分解し、単品または単品を組み合わせてサービス提供すると、まったく違った価値が見えてきます。

わたしの場合は【翻訳】という看板を下げたとたん、内包されていたサービスが単体で価値を持つことがわかりました。

10年前の自分にはこのことがうっすらと見えていたので、これまたうっすらした不満や苛立ちを抱えていました。今そういう感情は(着られなくなった服のように)出番がありません。

メインの看板をいったん外して考えてみると、元気病気にかかわらずいいことがありますよ!

 

本日のスペシャル

1日1新: 水道橋「富士山」の富士吉田肉うどん
前回お店の前をとおったときは月曜で定休日だったので、今日を楽しみにしていました。
美味しかったそのこころは、1.麺が極太でとにかく堅いのに火がとおっている、2.おつゆが甘すぎずしょっぱすぎず、3.トッピングの葱+きゃべつ+にんじん+馬肉の煮込みが気に入った、4.胡麻と唐辛子の薬味。次回は麺半分でたのもう。

夜のメニューも低脂肪なアイテムがあったので、空気のきれいな早い時間、開店と同時に行こうと思います。

~~~~~

毎週金曜日にメールマガジン「チーム馬の骨ニュースレター」を発行しています。購読は無料、やめるのカンタン。内容をもっと知りたい方は、ここに説明があります。

1. Email Address の欄にメールアドレスを入力する
2.Name の欄にニックネーム(本名でも可)を入力する
3.Subscribe ボタンを押せば完了

Ayuko’s weekly newsletter



~~~~~

受信トレイに見当たらない場合は、迷惑メールのフォルダを探してみてください。ではニュースレターにて!

~~~~~