海外ドラマでLGBTQ関連のテーマを取り上げたエピソードをみたい方、まともな描かれ方をしてるのがみたい方、Amazon Prime なら見やすい方に、

GLAADメディア賞の「最優秀テレビシリーズ – エピソード別」部門にノミネートされた作品のなかから、Amazonプライムビデオで(無料~300円)観られるエピソードをまとめました。

GLAADメディア賞って何?かというと、ウィキペディアの日本語ページより引用します。

アメリカ合衆国のメディアモニタリング団体である中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟 (GLAAD) により、LGBTコミュニティ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)において著しい功績のあったメディアや人物を讃える賞[1]。

映画やテレビ番組のみならず、演劇や音楽などの芸術分野やジャーナリズム、広告などのメディアも表彰対象としている[2]。

「最優秀テレビシリーズ – エピソード別」部門のノミネート対象は、LGBTQなレギュラー登場人物がいない番組の、LGBTQ関連のトピックをあつかうエピソード。選考条件は、

  1. 公正かつ的確かつインクルーシブな表現・表象であること
  2. 大胆かつ独創的な作品であること
  3. 主流カルチャーに際立った影響を与えること
  4. 作品全体としてのクオリティ。

600人くらいが投票して受賞作品が決まります。(←前述のウィキペディアのページにくわしい説明あり)

 

エピソードのリスト(2014~2019)

『グッド・ドクター 名医の条件』シーズン1

エピソード14「彼女たち」

『レギオン』シーズン1

エピソード 8「第二次覚醒」

『ピュア・ジーニアス ハイテク医療の革命児 』シーズン1

エピソード9「神の愛」

『NCIS ネイビー犯罪捜査班』シーズン12

エピソード13「名誉勲章の行方」

『ドクター・フー』シーズン8

エピソード1「深呼吸」

『私はラブ・リーガル』シーズン6

エピソード8「オトコの勝負時」

『SUPERNATURAL』シーズン8

エピソード11「女王チャーリー」

『私はラブ・リーガル』シーズン5

エピソード5「最高のパートナー」

『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シーズン1

エピソード19「嵐の夜に」

Capture

[Image source: https://amzn.to/3b2PKPW]

たくさんあるので、まずは2015年~2019年までの5年分から9本どうぞ。わたしもこれから少しずつ見よう。ホームズ&ワトソンいいな。

本日のスペシャル

本日ひとつめの記事にあります。