お気に入りのボディローションを注文しようとしたら、在庫切れでした。

さらっとした薄いクリームで、無香料でラベルがきれいにはがせるのが気に入っています。しかも960ml=ほぼ1リットルで1,273円。

乾燥する季節は好きなオイルを混ぜてこってりさせたり、アロマ精油を入れて香りをつけたり、いろいろ自由なのです。

とりあえずないと困るので他のクリームを探していたら、なんだかつかれてしまいました。

もう自分で作ろっかな。

材料は、オイルとみつろうだけ。香りをつけるなら、好きなアロマ精油をぽたり。

材料を直接ガラスの空き瓶に入れて溶かすので、みつろうとオイルがくっついた容器の後片付けは、不要です。(←めんどくさがりの発明じまん)

 

流れ

瓶に材料を入れて溶かす

粗熱がとれたら固まる前に精油を混ぜる

 

道具

小鍋、ガラスの空き瓶、竹串(や割り箸など、かき混ぜるもの)、キッチンスケール(なくても目分量でOK)

 

材料

(完成品 60g)

  • オイル 50g
  • みつろう 10g
  • 精油*を入れる場合 1~3滴

*感光反応の原因になる精油だけは、使わないほうがよいです→レモン、ベルガモット、グレープフルーツ、アンジェリカ

今回はオイルとみつろうの比率を 1:5 にしました。オイルが多いとやわらかく、少ないとかたく。お好きな配合で自由に作るのがいいと思います。

↓左から、ラベンダー精油、みつろう、ホホバオイル。

diy moisturizer (2)

 

材料について

今回は、以下の材料を使いました。

このみつろうは、1個10gの金の延べ棒みたいな形です。

diy moisturizer (1)

みつろう154円+オイル750円+精油0円(幼馴染のおごり)+空き瓶0円=この保湿クリームの材料費は904円/60g。

diy moisturizer (5)

 

作り方

  1. 瓶にみつろうを入れる。
  2. 小鍋に水を入れる。瓶を入れてみて、水の高さが瓶の半分よりもほんの少し上になるように、水の量を調整する。
  3. 瓶を出して小鍋を火にかけ、沸騰したら火からおろす。
  4. 瓶を小鍋に入れて、最弱火~弱火で、かき混ぜながらみつろうを溶かす。
  5. 瓶にオイルを入れ、かき混ぜながら溶かす。(オイルが冷たいと再度みつろうが固まりますが、溶けるので大丈夫です)
  6. 溶けたら瓶を小鍋から出し、冷ます。
  7. 白っぽくなってきたら精油を加え、混ぜる。

 

使い心地

気に入りました。つけるときはこってりよくのびて、そのうちさらっと。手の指のささくれちゃんに効いてます。

↓小さいティースプーンの柄の先です。この量を手につけたら多すぎて、肘までのばすことになりました。取りすぎにご注意ください。

diy moisturizer (4)

ヘンな味や香りがしないこと、手ざわりがよいこと、パッケージのデザインが静かなのがいいわたしには、ぴったりでした。

ラベンダーは3滴入れて、香りの広がり方がはんぱでなかったので一瞬、入れすぎた!?と思いましたが、大丈夫でした。

クリームをつけたときはふわ~~っと香りますが、すぐに香りはなくなります。アロマっていいですよね。ぽーーっ。

わたしは未精製のみつろうを使ったので、溶かす前のみつろうは甘い香りがしました。今回はラベンダー精油で香りをつけたので、みつろうの香りはしません。無香料もいいですよね。

デスクにひと瓶、洗面所にひと瓶、寝室にひと瓶、置いておきたい。なんだかほんとに気に入ったみたいです。

diy moisturizer (3)

 

本日のスペシャル

このクリームを作る前に、こんなことを考えていました。

「アロマ精油がな~。いま家にあるのは安価で大味な精油だからな~。身体につけるクリームだからな~」

翌日の朝の郵便受けに、幼馴染からの茶封筒が。すてきな精油の瓶がふたつ入っていました。魔法なタイミングだ。さっそくラベンダーをクリームに、グレープフルーツをお部屋のディフューザーに使っています。ありがとう!

1日1新:セブンイレブン「1/2日分の野菜!だし香る鶏団子鍋」

1日1冊:anan11月28日号しいたけソウルカラー心理学、丸山雅子「日本近代建築家列伝」、Gretchen Rubin「The Four Tendencies」