この家に引っ越してきて初めての冬だと思うのですが、洗顔やヘアスタイリングがかったるい。お風呂の準備がイヤで時間がかかる。

そんな自分に気がついて、原因は何?と追求したら、

マダム(わたし) 「なんか脱衣所がキライ。そこにいたくない」
執事(わたし) 「何がイヤなのですか?」
マダム  「通風孔が頭の真上にあってイヤ。風がスースー直撃でとても寒い。ひゅーひゅー音もするし。イヤ〜(半泣)」

通風口をふさぐ

さっさとA4のプリンタ用紙2枚をセロテープで貼り付けて、通風口をふさぎました。

おお!!たちまち暖かです。もうひゅーひゅーしない。ほっ。安堵のため息って、こういうことをいうのですね。

翌朝みたらセロテープだとちょっと頼りないし、暖かくなってテープをはがしたときに糊がベトベトしそうです。なので、白い半透明の養生テープを出してきて、それで紙を貼り直してアップグレード完了。

プリンタ用紙はひと冬きれいなままでした。以来、暖かい季節が来ればテープと紙をはがし、寒くなればまたふさぐようにしています。(我が家は浴室の換気が強力で、脱衣所には湿気がこもらない仕様)

今はこの暖かさに慣れてしまいましたが、初めて換気口をふさいだときは、起床時と帰宅時に最も違いを感じました。夜のうちに外気が家に入り込み、部屋だけでなく家全体も冷え切っていたのですね。

他にもすきま風がひゅーひゅーしてイヤな場所はないかな?と考えました。
…キッチンが寒い。

いい気になって「取り外し可能なマグネット式レンジフードカバー」も発明してみました。

こういうものが一発で、妄想したとおりにできたときの満足感は格別ですね。

 

マグネット式レンジフードカバーの作り方

どんなものか写真

airy and warm

透明のビニールの縁に、透明な両面テープで黒いマグネットシートが貼ってあります。レンジフードの縁にマグネット(黒い部分)をくっつける仕組み。これで冷気とすきま風がシャットアウトできます。

ええっ。そんなので?とお思いですよね。わたしも思いました。まさかひと冬もつとは思わなかったのですが!この写真は、ふた冬め。暖かい季節はたたんで収納して無事でした。両面テープすごいですね。

airy and warm (4)

取り外しは…取るだけです。

airy and warm (2)

調理をしている間は、冷蔵庫のドアにペタッと。調理が終わればまたレンジフードにペタっとつけるだけ。
つけ方にはコツがあり、奥→両側(奥から手前に向かって)→手前、の順に磁石をつけると上手くいきます。

 

材料

  • ビニールのテーブルクロス
  • マグネットシート
  • 両面テープ

透明のビニールテーブルクロスは、イオンのテーブルクロス切り売りコーナーで購入しました。厚いと重たくなってしまい、マグネットや両面テープの負担になって落下してもいけないので、2番目に薄いのを選んだ記憶があります。

「コクヨ 強力マグネットシート 片面・粘着剤付き 1枚 自由に切れるタイプ マク-S340」は、Amazonで658円でした。我が家の場合は、これを2個ぶん使用しました。

「ニチバン ナイスタック NW-15S 再生紙両面テープ」 15mm×6mは、Amazonで314円。

両面テープもマグネットシートも、メーカー品を利用するのがおすすめ。

 

道具

テープメジャー、文房具用(ふつうの)はさみ

 

作り方

  1. レンジフードの寸法をテープメジャーで測る。
  2. ビニールの大きさと、マグネットのだいたいの長さを割りだす。
  3. 材料をそろえる。
  4. マグネットシートをはさみで短冊に切る。
  5. ビニールをはさみで切る。
  6. ビニールの縁に、両面テープでマグネットの短冊を貼り付けていく。あまった分ははさみで切り取る。

あなた様が寒い季節を快適に過ごされますよう!

 

本日のスペシャル

1日1新:建築資料研究社の雑誌「CONFORT(コンフォルト)」

1日1冊:「ハーパーズ バザー12月号←最新号」、建築資料研究社「CONFORT(コンフォルト)10月号」、山本琢磨「Webコピーライティングの新常識 ザ・マイクロコピー

「コンフォルト」の特集が「ワンダー・オブ・カラー」だったので読んでみました。横浜シュタイナー学園の内装に惹かれた。大分の建築事務所のモデルルームを見たらちょっと我が家みたいで気が合うな~とDIYをがんばる気になる。