あなた(やあなたの大切な方の)食餌制限は、どんなですか?

慢性膵炎の方ならば、わたしと同じように、低脂肪食なのではないでしょうか。

わたしは遺伝性の慢性膵炎で、「1日30gまで、1回10gまで、繰り越し不可」を目安に食べています。

 

精神的にも身体的にも大変

災害時は精神的にも身体的にも大変なとき。

食糧調達に体力を使い果たしたり、これしかないけど食べたら腹痛になるかも・・と神経をすり減らしたり、しかたなく食べてひっくり返ったりするのは避けたいですよね。(命に関わることです)

 

ストレス負荷の高いときこそ、

  • お腹に安全で(低脂肪!)
  • 栄養がとれて
  • 自分が気に入ってるものを
  • おいしく食べて

少しでもごきげんに臨機応変に生きぬこう、とわたしは思うのです。

 

 

慢性膵炎の被災者への対応は?

国立健康・栄養研究所と日本栄養士会の「災害時の栄養・食生活支援マニュアル」によると、被災者への対応は、

  • 震災発生から24時間以内がパン類・おにぎり
  • 72時間以内が炊き出し
  • 4日目以降が弁当
  • 食餌制限のある慢性疾患患者に72時間以内のどこかで「巡回栄養相談」を開始

となっています。

 

栄養相談には、「乳児用ミルク・離乳食、おかゆなど軟らかい物、塩分制限、たんぱく制限、糖尿病食、アレルギー除去食 などが必要な方」

とあり、低脂肪食は記載がありません。

最低3日分、できれば7日分の食糧を備蓄しておくこと、とよく言われますが、慢性膵炎の人は多めに備蓄しておくほうが安心ですね。

 

 

試食→ふだんのお気に入り→買い置き

そんなわけで、「ふだんの食卓でおいしいと思える」低脂肪の食べ物を、多めに買ってストックしています。備蓄食を特別扱いするのではなく、買い置きと考えるシステムです。

非常用かそうでないかに限らず、長期保存できて災害時の食に適していればなんでも!

(ミニマリストとか言ってる場合ではありません)

 

買い物のときは、以下の点に注目して探しています。

  • 低脂肪(1食にしたときに脂質10g以下)
  • 高栄養
  • おいしい
  • たのしい・気分いい
  • 食べ物っぽい

 

よさそうなものを見つければ少しずつ買ってみて、実食するのがよいですよ。

実際に食べると、味わい以外にも、いろいろなことがわかるからです。←しかも楽しい。

  • 「これは災害時にはムリでしょう。手で開けられないし」
  • 「ゴミが大きすぎてストレス・・」
  • 「くるっと丸めてゴミが少ない!優秀!」
  • 「なるほど。わたしは『増粘剤』の味わいが苦手なんだわ」
  • 「七味をちょっとかけると最高」
  • 「おいしい!これ明日も食べる」
  • 「残ってもフタがぴたっと閉まるから気持ちいい」

安全・安心・あなたの気に入るかどうか、を追求しましょう。

 

 

今日から買い物すこしずつ!お気に入り2つ

実際に食べてみて、わたしが気に入り、ストックしているものを2つ、ご紹介します。

 

尾西食品アルファ米

親友のお母様に数種類いただいて、食べたらよかったので!さっそく真似して購入しました。

お湯なら15分、水なら60分で、両方試してみたところ、ちゃんとご飯になります。目的はじゅうぶんにクリアする味。

 

いろいろな選択肢のなかから、今回は尾西食品アルファ米全12種「コンプリートセット」(12種各1袋入)にしました。

Amazonで2,990円。12種類を1袋ずつ、ぜんぶ違う種類です。

lowfat emergency food (5)

 

 

左の「ドライカレー」を作ります。今回はお湯を使用。

lowfat emergency food (6)

 

 

袋のてっぺんを手で切り取る。

lowfat emergency food (12)

 

 

調味粉末、スプーン、脱酸素剤を取り出す。

lowfat emergency food (13)

 

 

調味粉末を入れる。

lowfat emergency food (14)

 

 

注水線までお湯を注ぎ、かき混ぜる。

lowfat emergency food (15)

 

 

袋のジッパーを閉じて、15分待つ。

lowfat emergency food (17)

 

 

出来上がり。熱々ではないけど温かい。黒こしょうを足しました。

lowfat emergency food (19)

 

 

「わかめごはん」と「五目ごはん」、あっさりしておいしかったです。

lowfat emergency food (7)

 

 

「田舎ごはん」「松茸ごはん」 実食はこれから。

lowfat emergency food (8)

 

 

「白がゆ」「梅がゆ」 わたしはおかゆがあんまり好きじゃないのでした。でもお腹に優しいので役に立つ。

lowfat emergency food (9)

 

 

洋食系。「えびピラフ」を今夜試してみる予定。

lowfat emergency food (10)

 

 

「白飯」「赤飯」 白いご飯はちゃんとしています。お赤飯はそんなにもちもちではなかった。でもふつうにおいしい。黒ごま塩で!

lowfat emergency food (11)

 

 

セブンプレミアム銚子産いわし生姜煮

オンラインショップに見当たらないので、近所のセブンイレブンにあるのを買い占めています。そのくらいのお気に入り。

パッケージも愛らしい。

 

lowfat emergency food (1)

 

一般的に、いわしの缶詰は非常に脂質が多く、わたしのお腹にはまず無理、食べられません。

(100gあたり平気で20gとか40gくらいあるものも多いので、必ず栄養成分表示を確認してください!)

 

ところがこの「銚子産いわし生姜煮」は1缶100g当たり、脂質は6.9g。

こってり好きな方には「なんじゃこりゃ~~ぱさぱさではないか!」と憤慨されるかもしれません。

でも低脂肪食に慣れたわたしには、食べ応えばつぐんなのです。

 

しかも、・原材料名のところを見ると「いわし、砂糖、しょうゆ、しょうが、酒、みりん、醸造酢」とあります。

食べ物しか入ってないので、食べ物っぽい味がします。もっと買ってこなければ。

 

lowfat emergency food (2)

 

 

あなたのお腹に安全で、備蓄できる食べ物は、探せばたくさんあります。(これからもご紹介していきますね)

自分で用意できるものは、今日から買い物少しずつ!

 

 

本日のスペシャル

1日1新: 東京海上日動のウェブサイトに「非常食簡易計算ツール」というものがあります。

http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/world/egao/sonae/goods/count-tool.html

いま自宅にある食料品+非常用として備蓄してある量を計算して、万が一のときに何日分の蓄えになるかがわかります。

我が家の場合は、飲料水が4日分、食料品が3.2日分、という結果でした。

備蓄しているつもりでしたが、これでは足りませんね。まずは7日分までストック増やします!