遺伝性の慢性膵炎もち。めんどくさがり。おいしいものが好き。買いものするのはあんまり好きじゃない。

夏がはじまる少し前、血液検査の結果をみたドクターの顔に縦線が(ちびまる子ちゃんの、あれです)。

「もっと・・たんぱく質を!もっと食べましょう!」と、ドクターが処方してくれた大量の消化酵素をトッピング®として服用し、毎日なにかしら魚や肉を食べることにしたわたし。(®←ドクター)

野菜や果物とちがい、肉や魚は買ったあとの鮮度の管理に気をつかいます。消化するだけでもつかれるのに(しかもトッピング®が必要なのに!)そういう手間は減らしたい。そんなわけで、

宅配ネットスーパー「らでぃっしゅぼーや」の冷凍食材に助けてもらっています。(魚の冷凍食材ってどうなの?とお思いの方、わたしも実はそう思っていたので記事にしました。よろしければ)

この記事では、わたしが「らでぃっしゅぼーや」で購入し、食べてみて、よかった商品と、再注文しなかった商品をご紹介します。

ご紹介しているアイテムは、ぜんぶ低脂肪です。一日の合計が、脂質20gくらい、1500kcalくらい、を目標に食べているわたしにとって、という意味です。

必ずご自身で栄養成分表示をチェックし、どれくらいの量を食べるとちょうどよいかを判断してください。

~~~~~~~~~~~~~~

宅配スーパーで肉や魚を購入する際に、わたしが経験したボトルネックとカンタン解消法を書いておきます。

  1. なんとなく高い(まとめて買うとなおさら感じる) → 予算をとる(使い切らないと来年度の予算をもらえない気持ちで!)
  2. 注文し忘れる → カレンダーに入れる
  3. 肉を解凍し忘れる → 夜寝るまえに、冷凍庫から冷蔵庫に移動するのを習慣にする(たとえば歯を磨いたあと)

~~~~~~~~~~~~~~

 

注文している商品

まぐろ中落ち風切落し

805円/160g(80gx2パック)

流水で10分たらずで解凍=調理。ふつうにおいしいお刺身。気持ちよくぱくぱく。いやなところが無いのがよいです。

(とれとれキトキトな魚は、そういうお店で買ったり食べたりすればいいと思っています)

わさび醤油でそのままもよいですが、好きな調味料で和えてひと呼吸おき、漬けっぽくなったのをご飯に乗せて食べるのも楽しいです。

醤油、みそ、ごま油1滴、黒こしょう、わさび、からし、ゆずやレモンの皮、ボルサミコ酢、家にあるよさそうなもの、なんでも。

 

what i ate in june (14)

レモンの皮↓

what i ate in june (17)

 

らでぃっしゅの 国産若鶏むね肉

497円/250g

好きです。おいしい!味があるから味つけしなくてもいいくらい。へんな味がしない。

皮がついたまま沸騰したお湯に入れ、弱火でゆらゆら2分~3分。ふたをしたまま自然に冷ますと、しっとり仕上がります。

らでぃっしゅぼーやには、何種類かの鶏肉があり、ただいま他のを試しております。何度か食べてみてから追加いたしますね。

 

august (7)

↑とてもジューシーな鶏肉と、しっとり甘いさつまいも(ホットクックで蒸しておいたもの)と、しょっぱい柚子こしょう少々。合う~。切ってお皿に乗せるだけのメインディッシュです。

国産若鶏ささみ

709円/250g(4本)

ぎょぎょ。おいしいです。とにかくお肉の味が濃く、味つけなしでもおいしいお肉。

いい気になってグリルすると野性的にぱっさぱっさ、チュウイーで噛みごたえあるワイルドな仕上がりになります。(おいしいけどお腹にはしんどいのでご注意ください←経験者)

しっとりやわらかに仕上げるのは、むね肉のほうが簡単かもしれません。

からくない柚子こしょうと合う~。↓

what i ate in june (36)

 

天然ぶり西京風みそ漬

706円/210g

味つけが甘すぎない・しょっぱすぎないのがいいです。

単体で焼いて食べたらしょっぱい気がしたので、玉ねぎ、にんじん、ズッキーニとあわせてみました。野菜には味つけをせず、全体に黒こしょうを挽きかけて蒸し焼き風にしたら、ちょうどよかったです。↓

what i ate in june (30)

 

レバーの甘ダレ焼き

399円/120g

前もって解凍不要。パウチのまま5分くらい湯せんするだけ。甘すぎない、しょっぱすぎない、でもしっかり濃いめの味。ヘンな味がしない。串に刺すとレバー串。何度か買っています。

細く薄く切ったきゅうりとみょうがと合わせました。レバーはみょうがとは食べ合わせがよくないそうです。おいしかったからまあいいか・・。↓

what i ate in june (32)

 

 

丹沢レバー焼肉用

502円/200g

前の晩に冷凍庫から冷蔵庫に移動すれば準備完了。

袋の説明書には、漬けタレごと野菜といっしょに炒めるだけ、とありましたが、タレをとりのぞいてレバー単体で。野菜なしだと味が濃すぎるかな、と思いましたが、ちょうどよかったです。

冷たいフライパンにレバーを広げて並べ、弱めの中火で焼きました。焼肉の味だから、あまからです。味が濃すぎない、しょっぱすぎない、あますぎない、にんにく強すぎない。また買う。

 

播磨灘産 蒸しかき

875円/150g

解凍=調理でラク。牡蠣ってもともと塩味なので、ライムやレモンを添えたり、ワインビネガーや米酢をかけて、そのまま食べることが多いです。でも、かき煮麺もおいしかった。

前の晩に冷凍庫から冷蔵庫のチルド室に移動しておくと、翌日には牡蠣のまわりに薄い氷の膜がパリン、くらいの八割五分解凍、くらいになってます。うつわに移せばちょうど食べごろ。毎回注文しています。

 

what i ate in june (34)

↑レモン↑  ↓ライム↓

august (6)

 

ひとくちほたて

465円/80g

これも解凍=調理。流水で10分たらず。お刺身ぱくぱくおいしいな。

 

what i ate in june (35)

 

オホーツク海産ほたて貝柱(刺身用)

880円/150g

解凍=調理。冷凍庫から冷蔵庫に移動するだけ。やり方は、

  1. ハサミで袋を切る。
  2. 食べたい数だけほたてを容器に入れ、残りは冷凍庫に戻す。食べる分は冷蔵庫のチルド室に入れる。
  3. 数時間放置する。
  4. 食べる直前に冷蔵庫から出す。ほたての周りに薄い氷が張っていても、かんたんに取れる。おいしい。

ほたても海の塩味?がうっすらついていますね。

 

august (12)

 

エコシュリンプむき身

おいしかったです。わたしは特にエビ好きというわけではないので自分用には注文していません。が、ゲストがぱくぱく食べていたので、来客用に。

 

再注文しなかったもの(理由はいろいろ)

さけ切身

近所に鮭の切身を買いたいお店があり、そこで買いたいので、らでぃしゅぼーやでは買っていないのです。

 

MSCスケソウダラフィレ

フライやムニエル、グラタンなどにしたら、きっとおいしいと思います。が、簡素な調理法のわたしには合いませんでした。

 

ミニカット鮭

小さな骨ごと、ひとくち大に四角くカットされています。魚に骨があるのはあたりまえ。取り除いて食べればいいのですが、ミニカットされた骨の断面がするどかった。安全第一で。

 

どうぞお腹をたいせつに。

(本日のスペシャルは、本日ひとつめの記事にあります)

らでぃっしゅぼーやありがたいな!