2週間ほど前のこと。散歩のあと開店と同時に入ったスターバックスコーヒーで、レジ前のショーケースをぼぉっとながめていました。

いきなりぴかーっと光を放ち、わたしの目をひいた商品がひとつ。ブルーベリーロールという、新商品だそうです。

あ、これ低脂質。

すぐに「スターバックス コーヒー ジャパン 栄養成分情報」ページの、標準フードの情報を確認したら、脂質4.9g。スターバックスにしては非常に低脂肪です。

探しているわけでもないのに、なんとかロールかんとかマフィンがずらりと並んだ棚をひとめ見ただけで、低脂質な商品を見抜くとは。わたしもだいぶ焼きが回っていますな。

この記事では(遺伝性の慢性膵炎ベテラン患者であるわたしの目に)低脂質な菓子パンの、どこがどう低脂質に見えたのか、見分けるときはどこを見ているのかを説明します。

 

【重要】慢性膵炎の初心者/低脂肪食の初心者の方へ:お店で低脂質っぽい商品を見分けたら、まずは栄養成分を確認しましょう。買うのはそのあとで!

 

starbucks (2)

 

ひと目みて低脂肪だと思った理由

生地

  • 焼き色が薄い、というか白っぽい
  • 表面が一枚の皮のようにつるっとしている
  • 生地に「さくさく感」は、ない
  • 断面に(パイのような)層は、できていない

 

グレイズ

グレイズとは、菓子パンの表面にとろりと塗ってある、甘いあれです。バターやマーガリンが多く使われていると高脂肪、増粘剤が多く使われていると低脂肪。よって、低脂肪な場合は

  • ツヤ感が激しい
  • つるりとした樹脂っぽい風合い

 

商品名の札

  • 商品名の札に記載されたカロリーが、類似商品よりもガクンと低い

 

全体の印象

フェイクっぽさが漂っていたらOK!(なのか?しかしここでの目的は、低脂肪な商品を見分けることなので、よしとします)

 

ところで味は?

「これ書いたらひとつ買って試食しよう」と、お茶のみながらこの記事の下書きをメモしていたら、その間に売り切れてしまっていました。新商品ですからね・・次回次回。

~~ここから10月6日に追加~~

「次回」に試食しました。

blueberry roll (2)

血糖値がいきなり上下しないように、まずは無脂肪ミルク&シロップ抜きのほうじ茶ティーラテを半分くらい飲みます。

ひと呼吸まってから、ブルーベリーロールを。ひとくち大に切って、もぐもぐ。もぐもぐ。

blueberry roll (4)

少し食べたらティーラテ飲んで、ひと呼吸おいて、また切ってもぐもぐ。

blueberry roll (1)

ブルーベリーのジャムもパン生地も、香りがどうとかはなくて、甘じょっぱい菓子パンの味。特においしくない。

でも最後まで安心して食べられました。(←重要)

スターバックスコーヒーには食べに行ってるわけではないから、おいしくなくていいのです。(もちろんおいしくてもいいけど)

わたしが好きなポッドキャストで、レストランのオーナーが「レストランていうのはさ、とにかく行くのに良い場所なんですよ(a good place to go)」と繰り返していた。ほんとそのとおり。

a good place to go 行くと気分のよい場所って言われたら、よいレストランなのよね、とわたしは思うのです。

~~追加ここまで~~

 

お店で商品を見て「お。これたぶん低脂肪?」と思ったら、ぜひ栄養情報を確認してみてください。ゲーム感覚で、安全な食べものを見分ける力がきたえられますよ。

(お腹が大丈夫な方は、もちろんどれでもお好きなのを好きなだけどうぞ!)

 

starbucks (1)

買い出しでヨボヨボする前にスターバックスコーヒーの屋外席にて休憩中。風が吹いています。

 

本日のスペシャル

1日1新:眉毛パウダーとアイライナーとクリームチークと口紅 化粧品の購入履歴をみたら、口紅を買ったのが直近で去年の夏、他はおととし・・愛用していたお店が終了してさぼっていました。衛生的にダメな気がするのでHealthpostでささっと注文。
1日1冊:Angela Saini「superior」続き