全粒粉100%でも大丈夫、ちゃんとふくらみます

 

ここ半年、全粒粉100%のパンを焼いています。暑くなってからはオーブンを使ったパン作成はお休みして、もっぱらホームベーカリーにまかせています。サンドイッチにしたり、トーストにしたり、おかずと一緒にそのまま『食事パン』として、毎日食べています。おいしいです。

北ヨーロッパの、それで頭をなぐられたらこぶができそうな黒いパンではなくて、白いパンよりは少し背の低い茶色いプレーンな食パンです。画像のように朝食で端っこを食べるのが楽しみです。パンもケーキも端っこってどうしてあんなに美味しいのでしょうか。

 

レシピ

材料

  • 全粒粉強力粉* 250g (わたしは冷凍庫で保存しているので、使うときは冷え冷え状態です。)
  • 砂糖 3g
  • スキムミルク 6g
  • 塩 3g
    バターまたはオイル 10g
  • (暑い季節は冷蔵庫で冷やした)水 180g
  • インスタントドライイースト** 3g

*小麦粉によって焼き上がりが変わりますので、お好きな全粒粉を。全粒粉100%のHBパンやパンケーキにおすすめ!の小麦粉という記事に、お気に入りの粉についていろいろ書いています。

**ふつうのドライイーストでも十分おいしく焼けるけど、天然酵母から作ったドライイーストも、味わいが楽しいですよ。(さらさらした顆粒で、見た目も使い方もふつうのと同じなんです!)記事→ホームベーカリーを愛する方も・飽きた方も買うべき:天然酵母ドライイースト

 

道具

ホームベーカリー (わたしはパナソニックSD-BH104 旧モデルを使用しています)

 

作り方

  1. ドライイースト以外の材料を、ホームベーカリーのパンケースに入れる。
  2. ドライイーストはイースト専用口に入れる。
  3. 早焼きコースでスタート。
  4. 焼けたら取り出す。

早焼きは予約しないのが吉

早焼きは予約しないほうがいいようです(とくに暑い時期は)。わたしはうっかり早焼きで予約してしまい、大陥没が発生しました。

イーストは少なくて大丈夫

このレシピではイーストは3gです。ホームベーカリー付属の推奨レシピやインターネットで見かけるレシピよりも少ないです。でも大丈夫、普通に焼けます。

パナソニックのレシピどおりに4g~5gを入れるとイーストの香りが印象的になってしまうので、少ないほうが美味しいと感じました。

このレシピではきちんとふくらむように3gとしましたが、小麦粉の種類によっては2g~でも問題なくパンが焼けました。

ビニール袋に入れてしっとり

全粒粉の配合が多いとパンの仕上がりが乾き気味になります(わたしは好きですが)。

焼き上がったパンがまだ生暖かいときにビニール袋に入れて冷ますとしっとりします。こうすると皮が柔らかくなっているので、サンドイッチ用に薄くスライスするときもうまく切れますよ。

本日のスペシャル

本日の1日1新: ローソンのうなぎおにぎり 久しぶりに目黒の駅で降りました。子どもの頃の思い出のたくさんある場所です。うれしかった!