遺伝性の慢性膵炎もちゆえ、お腹に優しい(なるべく)デカフェ生活が長いわたし。お腹が大丈夫なら、とろりと濃いぃ緑茶をガブガブ飲みたいところですが、そんなことしたらあっという間にお腹がイタタタとなりますから、安全第一でやめておきます。

そんなわけで、機会があるごとに、カフェインなし/カフェイン少ないお茶っ葉ワールドを開拓するのが楽しみ!

この記事では、カフェインを摂らないほうが体調がよい方や、カフェインをひかえてみたい方に、我が家の定番お茶っ葉をご紹介します。ほうじ茶(加賀棒茶)はカフェインひかえめ、それ以外はすべてカフェインレスですよ。

 

おいしく淹れるコツ

やらなくても問題なくお茶は飲めるけど、やってみると「なぬ?同じお茶なのに香りする!味ちがう」となるコツです。

  • カップやポットを熱湯で温めておく。(後述の加賀棒茶など、ほうじ茶のときは温めませんが、紅茶やルイボスティーやミントティーのときは温めるのが吉)
  • 熱湯で抽出する。
  • 抽出時間をまもる。(タイマーや砂時計を使い、短いなら短く、長くなら長く、決まった時間で)
  • 抽出している間は、フタをする。(わたしはマグカップには小皿の乗せてフタをしています)
  • ミルクティーにするなら、おいしい牛乳を使う。

ひとつでもふたつだけでも、どんどんおいしくなりますよ。

 

きりりとしたミントティー

乾燥して砕いたミントの茎と葉っぱが、もっさもさ袋に入っています。お寿司屋さんの緑茶ていどの濃さとパンチのきいたミントティーです。香りは強く、甘さはほとんど感じません。深みのある味。

tea (2)

Heather’s Tummy Care, オーガニックペッパーミント・タミーティー、腸を即鎮静化、カフェインフリー、453g(16 oz)」は、アイハーブで1,876円/453g。

え? 453g?

大きさを比較するために、ホットクックさんに登場してもらいました。ポテトチップの特大袋ほどのサイズです。すご。

「何年もつのかしら・・」と思いましたが、半年もしないうちに2袋めを注文しました。

tea (1)

元気なときは葉っぱのまま、省体力なときはお茶パックを使って淹れています。

わたしの淹れ方は、お湯250ml~280ml、ミント大さじ1.5~2、抽出時間5分~7分。きりっと濃く、ほんのり苦味も感じられるのが好みです。

tea (7)

 

ルイボスチャイ

ふとチャイが飲みたくなり、ふらっと近所の成城石井で買ったらヒット!Amazonだと同じ価格で家まで持ってきてくれます。

tea (9)

「Keep in cup(カップに入れっぱなしで)」との指示?が記載されています。タグとひもを省略した、ということだと思います。ゴミが少ないからいいですね。

温めておいたマグカップにティーバッグを入れて、熱湯を注ぎ、5分~7分くらい抽出して、冷たい無脂肪ミルクを入れて飲んでいます。

小鍋でぶくぶく煮立てる本格的なチャイもよいですが、わたし好みのさっぱりメロウなスパイシーさ!おいしいです。

tea (10)

最初はこんなふうにティーバッグ入れっぱなしにして飲んでいました。でもこれ見てるとこういうことを想像してしまうので(まあいいんですけど)飲む前にお箸でつまんで取り出しています。ほっ。リラックスタイムですからね、お茶の時間は。

 

献上加賀棒茶

朝ごはんを食べたあと、テーブルを片付けてからお茶を用意します。

100℃のお湯で25秒。淹れたてのお茶は熱々です。なので、飲めるようになるまで待つ時間が少しできます。

そのあいだいろいろしてはいけないのだ。座ってじっとするのだ。と言われると、かえってむずむずしてしまう。修行だ。

tea (6)

幼なじみにプレゼントされて以来、ほうじ茶はずっと加賀棒茶。ちょっと変わったほうじ茶で、すごくおいしいのです。(ありがとうMさん) 袋のデザインもきれいですよね。

「丸八製茶場の加賀棒茶」は成城石井で800円/60g。Amazonでは同じものが1,380円/60g。家まで持って来てくれるので妥当かもしれません。

お茶パックに詰め替えても手軽にお茶をたのしめますし、

tea (11)

わたしの場合は葉っぱで淹れたのが好きなので、このように↓しています。

tea (13)

茶葉はキッチンスケールで1.5g~2gを計量し(量は気分と体調で調整)、お湯は200mlの少し下まで注ぎ、抽出時間は25秒で、茶こしの上に注ぎます。

こんなことしなくてもおいしいのですが、するとめっちゃおいしいのでやってます。お好きな方だけお試しを。

tea (12)

おまけ:この茶こしがすごく気に入っています。デザインがシンプルで頑丈で手ざわりよし。メッシュ細かくお茶なめらか。でも詰まらない。「工房アイザワ 茶こし こもの100 #57」はAmazonで792円。

 

デカフェ・アールグレイ

ふくいくとした香り、高貴な味わい・・そういう要素はゼロですが、気持ちよく飲める紅茶です。デカフェだもん、ティーバッグ50個(125g)で850円だもん(成城石井)。ちょうどいいです。

tea (3)

このように丸いティーバッグが直接どさどさーっと箱に入っています。ゴミも出ないし、いい感じ。かわいい。

tea (5)

わたしは3分くらい抽出してから無脂肪ミルクを入れて飲んだり、

ティーバッグをほんの数回しゃぶしゃぶっとしたらすぐ引き上げて、あっさり薄~い色付きお湯みたいにして飲むこともあります。そんなときも香りはします。

濃く出るのでアイスティーにもおすすめ。

tea (4)

パッケージも好きです。見た目重視ですからね・・ふふふ。

あなた様のおすすめデカフェティーがありましたら、ぜひお教えください。

 

本日のスペシャル

カフェで過ごすのが大好きなわたしですが、カフェではPC作業はしません。してもいいんでしょうけど、自作のNDA(機密保持契約書)に「作業は自宅オフィスだけでやるのでご安心ください」と書いていた期間が長く、そういうものだと思い込んでいるのかも。あとPCって重いしね。だから家でのお茶を魅力的にしたい次第。

最近の1日1新:冷凍ムール貝のむき身 ネットスーパーでまったく期待せずに注文し、電子レンジで酒蒸しにしたら、おいしくてびっくり(失礼!)、ノジマ

1日1冊:Viktor Frankel「Man’s Search for Meaning」←中学生のときはただただ怖かったけど今なら大丈夫かも夜と霧、杉本鉞子「武士の娘」←おもしろい、グレチェン・ルービン「苦手な人を思い通りに動かす」←読書会やります。